9発快勝のレスター、プレミア“今節ベスト11”を席巻 計6人選出、3人が「10点」満点

英データサイト「WhoScored」がプレミアリーグ第10節のベストイレブンを選出【画像:Football ZONE web】
英データサイト「WhoScored」がプレミアリーグ第10節のベストイレブンを選出【画像:Football ZONE web】

3発のヴァーディとペレスをはじめ、レスター6人が英データサイト選出のBEST11を席巻

 プレミアリーグ第10節のベストイレブンを英データサイト「Whoscored.com」が公開。プレミアタイ記録となる9-0での大勝を収めたレスターから最多6人が選ばれている。

 2015-16シーズンのリーグ王者で、今季好調のレスターは敵地でサウサンプトンと対戦。エースの元イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディと今季新加入のFWアヨセ・ペレスが揃ってハットトリックを達成するなど怒涛のゴールラッシュを見せた。守備でもクリーンシート(無失点試合)で、レスターの選手がベストイレブンの半分以上を席巻した。

レスター・シティからはDF、MF、FWそれぞれから選出されている【写真:Getty Images】

 ポルトガル代表DFリカルド・ペレイラとイングランド代表DFベン・チルウェルの両サイドバック。イングランド代表MFジェームズ・マディソンとベルギー代表MFユーリ・ティーレマンス、右サイドのアタッカーとしてペレス、そして2トップの一角にヴァーディが選出された。

 同サイトの選手採点はキックオフ時に6点からスタートし、プレーによって加減していく方式だが、ペレスとヴァーディ、チルウェルの3人は最高点の10点を叩き出している。マディソンが9.3点、ティーレマンスが9点、ペレイラが8.3点だった。

 レスター以外ではチェルシーの史上最年少ハットトリック記録を塗り替えたアメリカ代表MFクリスティアン・プリシッチも10点満点を獲得し、左サイドMFとして選出。その他はクリスタル・パレスのガーナ代表FWジョーダン・アイェウ(8点)、アーセナルのギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプーロス(7.8点)、ニューカッスル・ユナイテッドのアルゼンチン代表DFフェデリコ・フェルナンデス(7.7点)、ノリッジのオランダ代表GKティム・クルル(9.3点)の5人が名を連ねた。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング