ドイツでも際立つ長谷部誠の“インテリジェンス” 35歳が今季掲げる「こだわり」とは?

経験に裏打ちされた“玄人の業” 出場メンバーに応じてスタイルを変化

 長谷部にいなされることでプレスの起点を作れないレバークーゼンは、守備のバランスを上手く取れない。その隙をフランクフルトが突き、序盤に連続ゴールを決めることに成功した。様々な経験のメモリーから精度高く、今、選択すべきプレーを見つけ出すことができる。それは若手選手では持ち得ることのできない、玄人の業だろう。

 今季におけるこだわりとして、長谷部はより精度の高い攻撃の組み立てを挙げている。

「チームが後ろからつないでサッカーをするのを、今シーズンは心掛けて、それを求めている。監督も中盤に、よりサッカーができる選手を揃えている。それが後ろのところからの組み立てで、自分のところからよりいい組み立てができるようにというのを、今シーズンは考えているんです」

 だからといって、「自分たちのサッカー」に溺れたりするつもりはない。相手の出方・やり方に応じて、リスクチャレンジすべき時とシンプルにプレーすべき時の線引きをしっかりとしながら、ゲームコントロールに挑む。それだけではなく、味方の布陣や組み合わせに応じても微調整を加えていく。

「例えば今日、(FWの)バス・ドストが出ましたけど、彼が出たらちょっとロングボールで当ててもいいと思うし、中盤で例えば(鎌田)大地が出たら、もっと中盤でサッカーができると思うし。今日なんかは守備的というか、機動力とかそっちで勝負した部分がありました。そういう出ている選手によって変えていくというのは、自分の中でやってはいます」

 混戦状態が続いているブンデスリーガの上位陣。この日の勝利でフランクフルトも、その流れの中に飛び込むことができた。35歳長谷部の経験に裏打ちされたインテリジェンスが、チームを躍動させていく。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(中野吉之伴 / Kichinosuke Nakano)


page1 page2

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング