日本代表、“競争原理”が生み出す良好なサイクル 主力離脱にも動じずタジキスタン戦へ

日本代表のスタメン争いが激しさを増してきている【写真:Yukihito Taguchi】
日本代表のスタメン争いが激しさを増してきている【写真:Yukihito Taguchi】

「必死ですよ、こっちも」 プレミアリーガー吉田も驚きを示すトレーニング強度

 森保一監督率いる日本代表は15日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選の敵地タジキスタン戦に臨む。10日のモンゴル戦を6-0の大勝で終え、良い状態を保ちながらの一戦となるが、チーム内での競争激化が良好なサイクルを生み出しているようだ。

 モンゴル戦ではMF遠藤航(シュツットガルト)、FW鎌田大地(フランクフルト)が代表初ゴールを記録し、激戦区の右サイドハーフで先発フル出場したMF伊東純也(ヘンク)は3アシストと躍動した。圧勝によって2次予選の連勝スタートを飾るだけでなく、チーム内でのポジション争いも激しくなっている。

 アジア予選はW杯出場の切符を懸けた勝負の舞台であると同時に、選手個人にとっては代表に生き残るためのサバイバルレースでもある。キャプテンのDF吉田麻也(サウサンプトン)は、現在のチーム状況を次のように表現した。

「トレーニングが一番、しんどいですね。みんな、すごいですよ。セットプレーなんか大変です。意地でも点を取ってやろうという感じで来るので。必死ですよ、こっちも」

 世界屈指の競争力を誇るプレミアリーグを日常とする吉田でさえ、驚くほどの強度があるという。タジキスタン戦ではセンターバックの“相棒”であるDF冨安健洋(ボローニャ)が負傷で不在だが、「他のセンターバックからしたら超ビッグチャンスでしょう」と語るように、“競争原理”がしっかりと機能することで、主力の離脱もマイナスに感じさせない状況が生まれている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  3. 「なんて選手だ」 なでしこ長谷川唯“圧巻20mFK弾”に海外喝采、GK無力化のスーパーゴール「信じられない」

  4. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  5. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  6. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  7. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  8. 「三笘は何者?」 鮮烈デビュー戦、英代表DF翻弄の美技&切り返しに海外驚嘆「本当に衝撃的」

  9. 「即座にファンを席から立たせた」 衝撃デビューの三笘薫、地元メディアがチーム最高タイの高評価

  10. 「オーバーオール可愛い」 鮫島彩、大自然で“農業女子”コーデに大変身「凄くお似合い」「素敵」

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」