堂安、伊東、久保… “パートナー”の酒井宏樹は熾烈な右サイドハーフ争いをどう見た?

日本代表の右サイドハーフのポジション争いが見逃せない【写真:Yukihito Taguchi&GettyI mages】
日本代表の右サイドハーフのポジション争いが見逃せない【写真:Yukihito Taguchi&GettyI mages】

酒井の合わせの意識は「その時のフィーリング」 理由は「みんな才能ある選手なので」

 森保一監督率いる日本代表は、15日にカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選の敵地タジキスタン戦に臨む。10日のホーム・モンゴル戦(6-0)で先発出場したMF伊東純也(ヘンク)が3アシストの活躍を見せ、右サイドハーフのポジション争いが熾烈さを増しているが、MF堂安律(PSV)、MF久保建英(マジョルカ)、伊東の3人と右サイドで縦関係を築いた経験を持つDF酒井宏樹(マルセイユ)は、「その時のフィーリングで決めている」と“合わせのスタンス”について語った。

 10日のW杯予選モンゴル戦、森保ジャパンはMF南野拓実(ザルツブルク)ら6人がゴールを挙げて6-0で快勝。右サイドハーフで先発出場した伊東が3アシストと輝きを放ったなか、同じサイドでコンビを組んだ酒井も前半40分にバックヒールで伊東につなぎ、FW永井謙佑(FC東京)への絶妙クロスを引き出している。

 右サイドハーフは森保ジャパン発足当初からレギュラーを務めてきた堂安に加え、伊東、さらには18歳の久保と競争は熾烈を極めている。それぞれ特徴が異なり、対戦相手に応じたチョイスが可能だが、実際に同じピッチでプレーしている選手にはどのように映っているのか。右サイドバックの主力である酒井は次のように証言する。

「みんな才能のある選手なので、それぞれのいいところだけが出るように、逆に悪いところをしっかり補えるようにやっていければいい。(彼らと組むうえでの意識?)基本的にはもう試合中に決めています。相手の出方も踏まえて、その時のフィーリングですね」

 パワフルなドリブルを武器とする堂安であれば、中へカットインしてシュートを狙う形が多く、駆け上がってサイドのスペースを使うのが効果的。2018年10月の国際親善試合ウルグアイ戦では、セットプレーのこぼれ球を拾った堂安とワンツーを完成させ、初ゴールをアシストしている。逆に伊東の場合は、モンゴル戦でもあったように、スピードを引き出すように抜け出しや崩しに導き、クロスを上げるシーンを陰でサポートしていた。久保とはまだ、9月のW杯予選ミャンマー戦(2-0)の10分間しかピッチ上では共闘していない。それでも、18歳のレフティーはトップ下にも対応できる卓越したテクニックを誇るだけに、酒井としても合わせやすいだろう。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  2. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  3. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  4. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  5. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  6. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  7. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  8. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  9. 闘莉王が選ぶ「日本サッカー最強パサー5傑」 「真似できない」と大絶賛、舌を巻いた一流プレーヤーは?

  10. G大阪FW宇佐美貴史が初めて明かす川崎からオファーの“真実” 残留した理由は?「自分にとって苦しいと思った」

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」