「ゴールの魔術師」「史上最高」 C・ロナウド、キャリア通算“700得点”に称賛の嵐

ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがキャリア700得点達成【写真:Getty Images】
ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがキャリア700得点達成【写真:Getty Images】

EURO予選ウクライナ戦でPKを決めて達成 ポルトガル代表では95得点目

 ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、現地時間14日の欧州選手権(EURO)予選ウクライナ戦でPKによるゴールを決め、キャリア通算700得点の金字塔を達成した。この快挙に、多くの称賛の声が届けられている。

 11日のルクセンブルク戦でキャリア699得点目のゴールを決め、大台まであと「1」に迫っていたロナウドは、ウクライナ戦もスタメン出場でピッチに立った。そしてウクライナに2点をリードされて迎えた後半27分、PKを沈めてまた一つゴールを重ねた。

 チームは1-2で敗れたものの、ロナウドの快挙には祝福の声が届けられている。所属クラブのユベントスはロナウドの愛称である「CR7」と700得点にかけたハッシュタグを付け、「#CR700…これはまだ終わりではない」と投稿。34歳となった今も健在ぶりを示すロナウドと、その快挙を称えた。

 また、その投稿に対しては「GOAT(史上最高)」「この世界が存在して45億4300年、ロナウドと同じ時代に生きることができたのは幸運だ」「ゴールの魔術師だ…」などと、称賛と感嘆の声が入り混じった返信が相次いでいる。

 データ会社「オプタ」によれば、得点の内訳はデビュークラブのスポルティングCPで5得点、マンチェスター・ユナイテッドで118得点、レアル・マドリードで450得点、ユベントスで32得点、ポルトガル代表で95得点となっている。

 また英紙「デイリー・メール」によれば、1931年から50年までにキャリア通算800得点を挙げた元チェコ代表FWヨーゼフ・ビカン、772得点の元ブラジル代表FWロマーリオ、767得点の元ブラジル代表FWペレといった往年の名ストライカーたちの記録がロナウドの上に存在している。サッカー界の伝説として歴史を塗り替え続ける男は、彼らの記録に迫り、そして追い抜くことができるのか。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  6. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  7. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も