日本代表、W杯予選タジキスタン戦「予想布陣」 堂安が先発復帰か、冨安の代役は?

日本代表スタメン予想&布陣【写真:Football ZONE web】
日本代表スタメン予想&布陣【写真:Football ZONE web】

負傷離脱した冨安の代役CBは植田が濃厚 長友も「全然心配していない」と太鼓判

 森保一監督率いる日本代表は、15日(現地17時15分/日本時間21時15分)に敵地でカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選タジキスタン戦に臨む。FIFAランキング115位ながら「フィジカルの能力があり、推進力もある」(森保監督)相手にどのようなメンバーを起用するのか。

 守備陣では、10日のモンゴル戦から変更があるのはDF冨安健洋(ボローニャ)が負傷離脱したセンターバック(CB)の一角だけか。タジキスタン入り初日の練習ではDF植田直通(セルクル・ブルージュ)とDF畠中槙之輔(横浜F・マリノス)、ボランチのMF板倉滉(フローニンゲン)がCBの位置に入った。フィジカルと空中戦の強さ、実績を考えれば代役は植田が濃厚だ。前日練習後に取材に応じたDF長友佑都(ガラタサライ)も、「植田もすごく自信を持って海外でやっている。彼の強さ、ブレない部分を見せてほしいし、僕らは全然心配していない」と太鼓判を押している。

 右足首の負傷によりモンゴル戦を後半12分で途中交代した酒井は、「腫れも引いたので大丈夫」と回復をアピール。同じサイドバックにはDF室屋成(FC東京)が追加招集されているが、敵地での一戦でピッチに立つのはやはり経験豊富な前者だろう。守護神はGK権田修一(ポルティモネンセ)が、9月の国際親善試合パラグアイ戦から3試合連続でクリーンシート中。ライバルのGKシュミット・ダニエル(シント=トロイデン)は、「ゴンちゃんはずっと無失点だし、代える理由もないと思う」と冷静に現状を分析しており、引き続き権田がゴールマウスを守ることになりそうだ。

 2ボランチは、ゲームメーカータイプの柴崎は不動の存在。ポイントはその“相棒”で、モンゴル戦で代表初ゴールを決めるなど安定した働きを見せたMF遠藤航(シュツットガルト)、海外選手に当たり負けしないフィジカルを誇るMF橋本拳人(FC東京)と、どちらも状態はいい。シント=トロイデンで人工芝を経験している遠藤に中4日の試合で無理をさせないのも一手だが、負傷したアジアカップ以降は代表から離れていただけに、逆に森保監督は“連戦起用”で状態を確かめるかもしれない。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング