フランス代表監督がランパードとバトル!? カンテ”欠場要求”に反撃のリクエスト

フランス代表MFカンテ(中央)について、2人の監督が論争【写真:Getty Images】
フランス代表MFカンテ(中央)について、2人の監督が論争【写真:Getty Images】

デシャン監督がチェルシー側に「ジルーをもう少し起用してほしい」とチクリ

 フランス代表は現地時間14日に、欧州選手権(EURO)予選グループHで首位に立つトルコ代表との大一番を迎える。11日には3位アイスランド代表との試合に1-0で勝利したフランスは、トルコに勝てば、グループ首位に躍り出る。そんな重要な一戦を前にフランス代表のディディエ・デシャン監督は、チェルシーに所属するフランス代表MFエンゴロ・カンテの起用について、フランク・ランパード監督とやり取りがあったことを明かしている。英紙「エクスプレス」が報じた。

 デシャン監督は11日に敵地で行われたアイスランド代表との試合でカンテを起用せずに、トットナムのMFムサ・シソコをピッチに立たせた。その理由についてデシャン監督は「彼は内転筋に痛みを感じていた。プレーするのに十分な状態ではないと感じていたようだ。私が決断を下した。さらに酷い状態になる恐れもあったからね。ムサが準備できていることも分かっていた」と、説明した。

 そしてトルコ戦での出場の可能性を問われると、「状態が深刻だとは考えていない。ただし、その問いに対する答えは持ち合わせていないよ」と、言及するにとどまった。

 カンテの所属クラブであるチェルシーのランパード監督は、10月19日に控えるニューカッスルとの試合で、カンテを起用できることを望んでいる。現役時代にチェルシーに所属した経験のあるデシャン監督は、「ランパードは私にカンテをプレーさせないように要求してきたんだ」と、カンテを温存することをリクエストされたことを明かした。

 そして、「それが彼のやり方なら、私も後で要求をしないといけない。『もう少し、オリビエ・ジルーをプレーさせてもらいたいんだけど』とね」と、反撃した。

 アイスランド戦ではPKでフランス代表に決勝ゴールをもたらしたジルーだが、チェルシーでは今季リーグ戦3試合の出場にとどまっている。カンテを休ませたいランパード監督と、ジルーをより試合にフィットさせた状態にしてほしいと願うデシャン監督。それぞれの要求を、それぞれがどう応えていくかに注目だ。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング