スペイン代表、99年の歴史上初となる珍記録を達成 豪華メンバーに“異変”

珍記録を達成したスペイン代表【写真:Getty Images】
珍記録を達成したスペイン代表【写真:Getty Images】

先発メンバー11人が全員別クラブ

 スペイン代表は現地時間12日に欧州選手権(EURO)2020予選でノルウェー代表と対戦し、1-1で引き分けた。この試合では主将のDFセルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)が同国代表の史上最多出場記録(168試合)を更新したことで注目を集めたが、代表チームとしても99年の歴史上初となる珍記録が生まれていた。スペイン紙「AS」が報じている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 なんとこの試合、スペインのスターティングメンバー11人は全員が違うクラブに所属していたのだ。あらためて、その顔ぶれと所属クラブを確認する。

GK
ケパ・アリサバラガ/チェルシー(イングランド)
DF
ヘスス・ナバス/セビージャ(スペイン)
ラウール・アルビオル/ビジャレアル(スペイン)
セルヒオ・ラモス/レアル・マドリード(スペイン)
フアン・ベルナト/パリ・サンジェルマン(フランス)
MF
ファビアン・ルイス/ナポリ(イタリア)
セルヒオ・ブスケッツ/バルセロナ(スペイン)
サウール・ニゲス/アトレチコ・マドリード(スペイン)
FW
ロドリゴ・モレノ/バレンシア(スペイン)
ミケル・オヤルサバル/レアル・ソシエダ(スペイン)
ダニ・セバージョス/アーセナル(イングランド)※レアル・マドリードから期限付き移籍中

 国内外において、見事なまでに所属クラブがばらけている。

 これはスペイン代表の歴史上(99年・699試合)で史上初だったという。国内リーグではレアル・マドリードやバルセロナの二強クラブが幅を利かせ、多くの選手を代表に送り込む傾向があったが、最近では国外移籍でチャンスを掴む選手も増えている。スペイン代表の歴史に残る珍記録と言えるだろう。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  6. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  7. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も