史上最高ドリブラーに匹敵!? セネガルFWマネ、ブラジル翻弄の2人抜きドリブルが話題

セネガル代表FWマネ【写真:Getty Images】
セネガル代表FWマネ【写真:Getty Images】

アウベスをスピードで置き去りにし、マルキーニョスを股抜き「ガリンシャではなく…」

 セネガル代表FWサディオ・マネ(リバプール)は、現地時間10日に行われた国際親善試合ブラジル戦(1-1)で鮮やかな2人抜きから同点PKを誘発した。海外メディアはブラジルの名ドリブラーを引き合いに出し、「ガリンシャではなくマネ!」と報じている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 セネガルは前半9分に左サイドを崩され、ブラジルのFWロベルト・フィルミーノ(リバプール)に先制点を許してしまう。ビハインドを背負う展開のなか、スコアを動かしたのがエースのマネだった。

 前半アディショナルタイム、自陣左サイドのタッチライン際でボールを受けた背番号10は、対峙したブラジルのDFダニエウ・アウベス(サンパウロ)を縦への急加速で置き去りにすると、右足アウトサイドで方向転換してカバーに入ったDFマルキーニョス(パリ・サンジェルマン)を股抜き。そのままペナルティーエリア内に侵入し、背後からマルキーニョスに倒されてPKを獲得した。

 これをFWファマラ・ディエディウ(ブリストル・シティ)が決めて同点に追いついたが、ペルーのテレビ局「RPP」は「素晴らしい! サディオ・マネはダニ・アウベスとマルキーニョスのマークを巧みにかわしてPKを誘発」とレポート。「アタッカーのマネは、ブラジルとの親善試合で最も危険な選手の1人だった。マネはスピードでダニ・アウベスとマルキーニョスのマークを巧みにかわした。彼らはファウルでしか、セネガルのアタッカーをコントロールできなかった」と卓越した個人技を称えた。

 また、ブラジルのテレビ局「SporTV」公式ツイッターは、史上最高のドリブラーとも言われた元ブラジル代表FWガリンシャを引き合いに出し、「ガリンシャではなくマネだ! 背番号10は中央へ向かい、そこでペナルティー(キック)をもらった」と動画付きで紹介。ブラジルメディア「Torcedores」も「マネはダニエウ・アウベスを置き去りにし、マルキーニョスに美しい股抜きを決める」と伝えた。

 今季は所属するリバプールでもリーグ戦8試合で5得点と好調をキープしているマネ。18日に行われるアフリカネーションズ・チャンピオンシップの2次ラウンド、ギニアとの第2戦でもチームの攻撃を牽引する活躍を見せてくれそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  6. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  7. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も