「今は代表のなかでも下にいる」 “スピード系1トップ”の浅野が描く生き残りの未来図

浅野はタジキスタン攻略のイメージを膨らませている【写真:Football ZONE web】
浅野はタジキスタン攻略のイメージを膨らませている【写真:Football ZONE web】

「大きなスペースが生まれる試合ではない」敵地タジキスタン戦でどうアピールするか

「今代表に選ばれているからには、そこから這い上がっていくために、代表での経験でいろいろなものを得て、自分のチームに帰って絶対に結果に残して次につなげたい。それができれば、おのずとすべてが次につながっていく。今までもずっと同じですけど、この一日一日の練習、目の前の試合で自分ができることを100%やるだけだと思います」

 タジキスタン戦では、アジア予選での他のチームの例に漏れず、相手が守備を固めてくる可能性が高い。浅野自身も、「言っても、そこまで大きなスペースが生まれるような試合ではないと思います」と自分がプレーするイメージを膨らませている。

「少ないスペースでも見つけてそこに走ったり、足元で受けてスペースに抜け出すプレーもできるし、相手と駆け引きしながらどこにスペースがあるのかを見つけ、周りとのコンビネーションで崩すこともできます。あとはゴール前にどんどん入っていきたいと思うので、試合が始まれば常にゴールを意識したプレーをしていきたいですね」

 スピードだけでなく、フリックや連係プレーの引き出しも自分にはあると言わんばかりのプライドを覗かせた浅野。来たるチャンスに備え、“ジャガー”は静かに牙を研ぐ。

(FOOTBALL ZONE編集部・小田智史 / Tomofumi Oda)

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  8. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」