ブラジルで恐怖の“急所蹴り”発生 痛みに苦悶…ブラジルメディアが決定的瞬間を公開

ブラジルリーグで起きた痛いファールとは…(写真はイメージです)【写真:Getty Images】
ブラジルリーグで起きた痛いファールとは…(写真はイメージです)【写真:Getty Images】

ブラジル1部でアクシデント、ボールの奪い合いで出した足が股間を直撃

 サッカーにおいて、選手がタックルなどの接触の結果として痛むことは少なくない。迫力あるボールの奪い合いは、激しい競り合いは競技の魅力の一つでもある。ただ、当たりどころが悪いと……。ブラジル1部であまりにも“痛い”シーンが生まれてしまった。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ブラジル全国選手権1部は現在、リーグ中盤戦から終盤戦へと差し掛かっている。1位フラメンゴが好調を維持する一方、残留争いも熱を帯びてきた。第23節では、ともに下位に位置するCSAとアヴァイが対戦した。

 試合は前半14分にCSAがFWリカルド・ブエノのゴールで先制。ハーフタイム直後の後半3分にはアヴァイに一度は同点とされたものの、同26分のPKでCSAが再びリードを奪い、終了間際にも加点して3-1の勝利を収めている。この勝利によって、CSAは依然として降格圏に沈むものの、残留圏の16位セアラーまで勝ち点1差の17位に浮上。一方、アヴァイはセアラーから勝ち点7差の19位と厳しい状況となった。

 残留争いのなかで行われた一戦は白熱の試合内容となったが、CSAが1-0とリードして迎えた前半42分、“アクシデント”が発生。CSAのMFジョナタン・ゴメスとアヴァイのMFカイオ・パウリスタがボールを奪い合った際、バウンドしたボールに対してゴメスの出した右足がカイオの股間を直撃。カイオは股間を抑え、苦悶しながら倒れ込む事態になった。

 ブラジルメディア「グローボ・エスポルチ」は接触の瞬間を動画で公開。痛々しい姿に同情が集まるかと思いきや、返信欄では「ボールにプレーしているから、ノーファウルだね」「ただボールにプレーしただけ」と“大喜利状態”に。急所にキックを受けたカイオにとっては、重要な一戦での敗戦も含め、まさに踏んだり蹴ったりとなってしまった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  3. 「なんて選手だ」 なでしこ長谷川唯“圧巻20mFK弾”に海外喝采、GK無力化のスーパーゴール「信じられない」

  4. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  5. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  6. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  7. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  8. 「三笘は何者?」 鮮烈デビュー戦、英代表DF翻弄の美技&切り返しに海外驚嘆「本当に衝撃的」

  9. 「即座にファンを席から立たせた」 衝撃デビューの三笘薫、地元メディアがチーム最高タイの高評価

  10. 「オーバーオール可愛い」 鮫島彩、大自然で“農業女子”コーデに大変身「凄くお似合い」「素敵」

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」