レアルFWベイル、芸術的「バナナアシスト」を海外絶賛 4人“無力化”の「驚異的なパス」

アウトサイドパスでベンゼマの先制弾を演出したベイル【写真:Getty Images】
アウトサイドパスでベンゼマの先制弾を演出したベイル【写真:Getty Images】

グラナダ戦で見せた一瞬の閃き アウトサイドパスでベンゼマの先制弾を演出

 レアル・マドリードは現地時間5日、本拠地サンチャゴ・ベルナベウでリーガ・エスパニョーラ第8節グラナダ戦に臨み、4-2と快勝した。この試合ではベルギー代表MFエデン・アザールの移籍後初ゴール、コロンビア代表MFハメス・ロドリゲスの復帰後初ゴールが生まれるなど、レアル攻撃陣にとっては最高の展開となったが、試合開始直後にチームに勢いをもたらしたウェールズ代表FWギャレス・ベイルの芸術的なアシストに、称賛の声が上がっている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 7月に30歳となって在籍7シーズン目を迎えたベイルだが、今夏ジネディーヌ・ジダン監督の“構想外”になったと報じられ、一時は中国1部の江蘇蘇寧や古巣トットナムなどへの移籍報道が過熱していた。プレシーズンマッチでもメンバー外の状況が続き、放出は確実と見られていたが、その高額年俸などがネックとなり買い手は見つからず、最終的に残留となった。

 だが、シーズンが開幕すると状況は一変する。攻撃陣に怪我人が続出したことで出場機会をつかむと、第3節ビジャレアル戦(2-2)ではチームを救う2ゴール。波に乗りきれない“白い巨人”で、その存在感を再び高めていた。

 そして迎えた今節、スタメンで右ウイングに入ると前半2分にいきなり輝きを放つ。自陣からのカウンターの場面、敵陣右サイドのタッチライン際でスペイン代表DFアルバロ・オドリオソラからパスを受けたベイルは、フリーでドリブルを開始。左足で細かくボールタッチしながら対峙した相手DFとの間合いをはかって前進すると、グラナダ最終ラインに生まれたわずかなスペースを見逃さなかった。左足アウトサイドで美しいカーブを描くグラウンダーパスを、相手4人を越えてファーサイドの元フランス代表FWカリム・ベンゼマの足もとに通す。今季絶好調のストライカーは、このパーフェクトなお膳立てを左足で難なく合わせ、レアルに先制点をもたらした。

 英メディア「スポーツ・バイブル」は、相手4人を無力化したベイルの芸術的なパスを「並外れた“バナナアシスト”」と表現。「ギャレス・ベイルはカリム・ベンゼマのグラナダ戦の先制ゴールを、卓越したアウトサイドのアシストで演出した」と伝えた。また、オランダのサッカー専門サイト「VoetbalPrimeur」も「ギャレス・ベイルの驚異的なパス」と報じるなど、レフティーの瞬間的な閃きに各国メディアが脱帽している。

 2位グラナダとの首位決戦に快勝し、首位キープに成功したレアル。昨季の屈辱的な無冠からの逆襲を目指す今シーズン、復活を遂げたベイルがキーマンの1人になるかもしれない。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  3. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  4. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  5. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  6. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  7. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  8. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  9. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  10. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」