「衝撃的なツインシュート」 “キャプ翼再現弾”が世界で反響拡大「まさしく芸術作品」

“キャプ翼再現弾”が世界で反響拡大(写真はイメージです)【写真:Getty Images】
“キャプ翼再現弾”が世界で反響拡大(写真はイメージです)【写真:Getty Images】

タイで生まれたオーバーヘッドツインシュートが話題に 「不純物のないスタイル」

 タイで生まれた漫画級の仰天ゴールの反響が拡大している。ナコーン・ラーチャシーマは現地時間2日、リーグ第25節で強豪ブリーラム・ユナイテッドと対戦し、2-3で敗れた。リーグ首位チームを相手に競り負けたものの、世界的な人気を誇る日本の漫画「キャプテン翼」を彷彿させるスーパーゴールが各国で話題を呼んでいる。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ナコーン・ラーチャシーマは1-3で迎えた後半アディショナルタイム4分、左サイドからのクロスが右へと流れるも、ペナルティーエリア手前でボールを拾い、そこから柔らかなクロスをゴール前に放り込む。ファーポスト付近に飛んだこのボールに対し、FWレアンドロ・アスンソンとMFクリトサダ・ヘムビパトが同時にオーバーヘッドキックを繰り出し、シュートはゴールに吸い込まれた。

「キャプテン翼」に登場する大空翼と岬太郎の“オーバーヘッドツインシュート”を文字通り実現させた一撃に、海外メディアもこぞって注目。スペイン紙「マルカ」は「大空翼と岬太郎のコンビネーションを不純物のないスタイルで再現した」と取り上げると、海外メディア「Be Soccer」は「大空翼と岬太郎のようなアクロバティックなプレーを夢見てきたが、それがタイで実現した」と綴っている。

 英サッカー情報サイト「CAUGHT OFFSIDE」も「通常のオーバーヘッドでさえ素晴らしい一撃だが、2人が同時に同じことを生み出す瞬間は、まさしく芸術作品のようだった」と称賛し、「来年のプスカシュ賞の候補となるだろう」と太鼓判を押している。英メディア「Sportskeeda」は「衝撃的なツインシュート」と表現。漫画の世界から飛び出したかのようなスーパーゴールは、世界を驚かせているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  6. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  7. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も