元伊代表エース、ユーベ&インテルのFW陣に持論 「シュート精度」を絶賛したのは?

(左から)イグアイン、C・ロナウド、ルカク、マルティネス【写真:Getty Images】
(左から)イグアイン、C・ロナウド、ルカク、マルティネス【写真:Getty Images】

両クラブで活躍したヴィエリ氏 “イタリア・ダービー”を前に4選手について言及

 現地時間6日のセリエA第7節で、インテル対ユベントスの“イタリア・ダービー”が行われる。ともに無敗の首位決戦となる一戦だけに注目度も高いが、両チームでプレー経験を持つ元イタリア代表FWクリスティアン・ヴィエリ氏が、イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」で両チームのストライカーについて語った。

 ヴィエリ氏は現役時代に“重戦車”の異名も取ったストライカーだが、1996-97シーズンにはユベントスでリーグ優勝に貢献した。その後、2つのクラブを経て99年にインテルに加入するとエースとして君臨。在籍6シーズンすべてで二桁ゴールを記録する活躍を見せた。

 そんな両名門を知るヴィエリ氏は、まずユベントスのエースであるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドについて「モンスターだ」と話す。そして、今季期限付き移籍から復帰したアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインにも言及した。

「ロナウドの600ゴールも決めるなんていうのは、他には考えられない。誰も彼のように勝利を勝ち取ってきた選手はいない。特に印象的なのは、それぞれ一つの試合に対する勝利への欲求と、欠かすことのない準備だ。イグアインは、私の意見ではここ10年間で世界のトップ5に入るFWだ。アシストができる選手でもある。特にシュートのコントロールが素晴らしい」

 イグアインは昨季、ロナウドが加入したことでACミランとチェルシーに期限付き移籍となり、今夏は買い取りオプションが行使されずユベントスに戻った。放出が既定路線と見られたなかで残留したが、ヴィエリ氏にとってはユベントスの2人のストライカーはとても評価の高い存在のようだ。

 一方でインテルでは新加入のベルギー代表FWロメル・ルカクと、アルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスについて言及している。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング