「リーグカップ」の危機 フランスが廃止を決定、日本のルヴァン杯が進むべき道は?

クープ・ドゥ・ラ・リーグで最多優勝を誇るパリ・サンジェルマン【写真:Getty Images】
クープ・ドゥ・ラ・リーグで最多優勝を誇るパリ・サンジェルマン【写真:Getty Images】

存在価値が希薄なリーグカップ ルヴァン杯も見直すべき時期か

 アマチュアも参加する国を挙げての伝統あるカップ戦でもなく、かといって長期のリーグ戦でもない。リーグカップはなんとも中途半端な感は否めず、とにかく試合をやりたいという以外に動機もよく分からない。現在では過密日程を縫っての開催になっているので、強豪クラブは主力を温存するケースも続出している。どんどん存在価値が希薄になっている。

 日本のルヴァンカップは、よくやっているほうだと思う。とはいえ、そろそろ大会の内容を見直すべき時期なのかもしれない。年齢制限を設けて若手育成の大会にする、外国のチームも招待して短期集中開催に切り替えるなど、なんらかの特徴を出さないと、いずれフランスと同じ運命を辿るのではないか。

(西部謙司 / Kenji Nishibe)

page1 page2

西部謙司

1962年生まれ、東京都出身。サッカー専門誌の編集記者を経て、2002年からフリーランスとして活動。1995年から98年までパリに在住し、欧州サッカーを中心に取材した。戦術分析に定評があり、『サッカー日本代表戦術アナライズ』(カンゼン)、『戦術リストランテ』(ソル・メディア)など著書多数。またJリーグでは長年ジェフユナイテッド千葉を追っており、ウェブマガジン『犬の生活SUPER』(https://www.targma.jp/nishibemag/)を配信している。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング