「不運だった」 久保建英、ポスト2度直撃シュートに地元紙も落胆「得点していたら…」

初先発したマジョルカMF久保【写真:Getty Images】
初先発したマジョルカMF久保【写真:Getty Images】

強豪アトレティコ戦で初先発 後半2分に決定機を迎える

 スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英は、現地時間25日のリーガ・エスパニョーラ第6節アトレチコ・マドリード戦で移籍後初先発を果たした。チームは世界屈指の強豪相手に0-2で敗れたなか、後半2分にはポスト直撃の一撃を放ってゴールを脅かした。地元紙「ディアリオ・デ・マジョルカ」はアトレチコとの歴然とした差を感じるものの、久保のプレーには希望を見出しているようだ。

 この日久保は4-1-4-1システムの右サイドハーフとしてキックオフの笛を聞き、得意のドリブルを仕掛けた。しかしマジョルカは前半26分にスペイン代表FWジエゴ・コスタのヘディングシュートで先制を許す。

 1点ビハインドで迎えた後半2分にはMFサルバ・セビージャとのワンツー、MFダニ・ロドリゲスへの展開からラストパスを受け、利き足ではない右でシュートを放った。相手DFの左足をかすめたボールは右ポストを直撃し、リーガ屈指の名手であるスロベニア代表GKヤン・オブラクの臀部に当たり、再び右ポストに直撃した。ボールはゴールライン方向に飛んだが結局相手DFにクリアされ、スペイン初ゴールとはならなかった。

 試合はその後、退場者を出したアトレチコが後半20分にポルトガル代表FWジョアン・フェリックスのゴールで追加点を奪い、逃げ切りに成功した。この展開に同紙は「マジョルカにとってアトレチコは厳しすぎた」とのタイトルでマッチレポートを掲載。「ロジブランコス(赤と白/アトレチコの愛称)には抵抗がなかった。彼らは劣等感を持った相手(マジョルカ)に対して楽しんでプレーしていた」と両チームの差に落胆している。

 ただ、そのなかでも久保の決定機についてはこのように記している。

「クボがオブラクの守るゴールに対して、2度ポストに当たったシュートで得点していたら、試合は後半開始早々に変わった可能性がある。あのプレーは不運だった。マジョルカは活気を持って後半を入ることができた」

 久保のシュートがこの日最大の決定機だったことを明記している。明確な結果という形を残せなかった久保だが、前節ヘタフェ戦でのアシストを含めて得点の匂いを感じさせるプレーヤーなのは事実。昇格組のチームで欠かせない存在となっている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング