久保建英、ポスト→GK→ポスト直撃の“初得点未遂”にリーガ反応 「カオスを引き起こした」

マジョルカのMF久保建英【写真:Getty Images】
マジョルカのMF久保建英【写真:Getty Images】

後半2分、スルーパスに反応して右足シュートもアトレチコの堅守の前に初ゴールならず

 スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英は、現地時間25日のリーガ・エスパニョーラ第6節アトレチコ・マドリード戦でスペイン初先発。チームは世界屈指の強豪相手に0-2で敗れたなか、後半2分にはポスト直撃の一撃を放ってゴールを脅かし、リーガ公式ツイッターも「久保がアトレチコGKにカオスを引き起こした」と伝えている。

 久保は4-1-4-1の右サイドハーフでスタート。序盤はボールを触る機会も多く、右サイドからドリブルを仕掛ける姿も何度か見られた。しかし、前半26分にセットプレー崩れからアトレチコのスペイン代表FWジエゴ・コスタに先制ヘッド弾を決められてリードを許す。

 前半30分に一度はPKの判定が下った場面は、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)による映像確認の末、マジョルカMFイドリス・ババのクリアがアトレチコのポルトガル代表FWジョアン・フェリックスの腕に当たってハンドだったとしてPK取り消しとなったが、フェリックスとコスタの強力2トップを中心とした攻撃に苦しめられる。

 1点ビハインドで迎えた後半2分、久保に最大の見せ場が訪れる。自陣でボールを拾った久保は、MFサルバ・セビージャとのワンツーを交えながらドリブルで持ち上がり、右サイドを駆け上がってきたMFダニ・ロドリゲスに展開。そのままペナルティーエリア内に侵入し、ダニ・ロドリゲスのスルーパスに右足を振り抜いた。

 シュートはアトレチコのモンテネグロ代表DFステファン・サビッチの左足をかすめてゴールへ。ボールは右ポストを直撃して跳ね返り、スロベニア代表GKヤン・オブラクの臀部にヒット。ボールは浮き上がって再び右ポストを直撃し、オブラクも左手を伸ばすが弾き切れずゴールライン方向に飛んだが、回り込んだコロンビア代表DFサンティアゴ・アリアスに間一髪のところでクリアされて久保のリーガ初ゴールはならなかった。

 リーガ・エスパニョーラ公式ツイッターは、「久保がアトレチコGKにカオスを引き起こした」と速報した。

 試合は後半20分にアトレチコに追加点を献上。相手が退場者を出したなかでゴールを割れず、力の差を見せつけられる格好となったが、久保は最大の決定機を作って意地を見せた。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング