“ロナウジーニョ2世”と呼ばれた元ブラジル代表MF、31歳で現役引退

マンチェスター・ユナイテッドなどで活躍したMFアンデルソンが現役引退を発表【写真:Getty Images】
マンチェスター・ユナイテッドなどで活躍したMFアンデルソンが現役引退を発表【写真:Getty Images】

マンUなどで活躍したアンデルソン トルコ2部アダナ・デミルスポルでスパイクを脱ぐ

 かつて“ロナウジーニョ2世”とも称されたブラジルの才能が、31歳で現役生活を終えることを決断した。元ブラジル代表MFアンデルソンが所属するトルコ2部アダナ・デミルスポルが、現役引退を発表したと英紙「デイリー・メール」が報じている。

 1988年生まれのアンデルソンは母国の名門グレミオでキャリアをスタートさせ、2006年に加入したポルトガルのポルトでその才能を開花させた。その高いテクニックから、バルセロナなどで活躍したブラジルの“天才”ロナウジーニョの後継者とも言われ、07年には名門マンチェスター・ユナイテッドが獲得した。

 2015年までユナイテッドでプレーした後は母国へ復帰し、インテルナシオナルやコリチーバでプレー。18年夏にトルコ2部のアダナ・デミルスポルへ加入したが、出場機会は限られていた。今季もここまでリーグ戦4試合を消化したが、ピッチに立ったのは第1節の前半45分間のみで、直近の2試合はベンチからも外れていた。

 事実上の戦力外となったなか、21日にクラブ会長が現役引退を発表。プロ選手としてのキャリアには終止符を打つが、大幅な給与カットを受け入れ、チームスタッフとしてクラブには残るようだ。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング