エース興梠の一撃で浦和先制! 守備陣も上海上港を封殺し前半1-0、2年ぶりACL4強へ前進

先制ゴールを決めた浦和レッズFW興梠【写真:高橋学】
先制ゴールを決めた浦和レッズFW興梠【写真:高橋学】

1-1以下の引き分けでも勝ち抜けのなか、値千金の先制ゴール

 浦和レッズが2年ぶり3回目のアジア制覇を狙うAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の準々決勝第2戦は、17日に上海上港(中国)をホームに迎え、エースFW興梠慎三の先制ゴールで1-0とリードして前半を終えた。

 敵地での第1戦を2-2で引き分けた浦和は、累積警告により出場停止のDFマウリシオのポジションにDF鈴木大輔を起用。一方の上海はエースの元ブラジル代表FWフッキが出場停止で、中盤のキーマンになるウズベキスタン代表MFオディル・アフメドフも負傷欠場。元ブラジル代表MFオスカルとオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチがスタメンに名を連ねた。

 序盤からボール際の争いが激しくファウルも多い試合になった。そのなかで浦和は前半9分に右サイドのスローインからの流れでMF橋岡大樹が上げたクロスをFWファブリシオがヘディングで狙ったが、シュートは枠外に外れた。

 少なくとも1点が必要な上海は、オスカルに浦和の選手が引き付けられた左サイドのスペースを利用して攻め込む姿勢を見せたが、浦和の最終ラインは決定機を作らせない守備を披露。192センチの長身アルナウトビッチも封殺した。

 すると同39分、浦和は最終ラインからDF岩波拓也が左サイドのMF関根貴大にサイドチェンジを通すと、そのまま関根が前方へ進出。そこからのクロスをFW興梠慎三が頭で合わせると相手GKイエン・ジュンリンのセーブも及ばずボールはゴール内へ。ACL日本人最多ゴールの興梠による先制点は、大会通算ゴールランキングも5位タイに上がる25得点目になった。

 このまま前半を無失点で乗り切った浦和は1-0のリードを保ってハーフタイムへ。アウェーゴールのアドバンテージを持つ浦和は勝利はもちろん、1-1以下の引き分けでも突破が決まる。上海の猛攻が予想される後半45分間を耐えきれるかが焦点になりそうだ。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング