「クラブとメッシの関係に亀裂は入っていない」 バルサ広報が異例の“説明”「不満はない」

メッシとバルセロナの関係は問題ないようだ【写真:Getty Images】
メッシとバルセロナの関係は問題ないようだ【写真:Getty Images】

ネイマール獲得についてのメッシのコメントが憶測を呼ぶ

 バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールの復帰を強く望んでいた。そして、「バルセロナができる限りのことをすべてしたのかどうかは知らない」と語ったことが大きな波紋を呼び、広報が「クラブとメッシの関係は問題がない」と説明するまでになっている。スペイン紙「マルカ」が報じた。

 バルセロナの広報であるジョゼップ・ビベス氏は、チームの中心選手であるメッシがクラブに不満を抱いているという噂の火を、ただちに消したいと考えているようだ。

 ビベス氏は「普通のインタビューだ。彼は率直に自身の考えを口にするし、そのことについて私たちに不満はない。クラブとメッシの関係に亀裂は入っていない」と、メッシの発言を説明している。

 そして、「メッシがネイマールの復帰について、クラブが全力を尽くしたのか分からないといった件は、本心だろう。なぜなら彼は交渉に関与していなかったのだから。実際には、会長が説明をしたとおり、クラブは全力を尽くした。そして、最終的に契約を結ぶことはできなかった」と、実際にクラブがネイマール復帰に動いていたことを説明した。

 今夏の移籍市場で実現しなかったネイマール復帰だが、「会長も話していたように、私たちは引き続き働きかけていく」と、今後に含みを持たせたビベス氏。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング