“逆転の浦和”に限界あり FW興梠がルヴァン杯敗退で痛感「攻撃的にやらないとダメ」

チーム課題を話した浦和レッズFW興梠慎三(左)【写真:高橋学】
チーム課題を話した浦和レッズFW興梠慎三(左)【写真:高橋学】

ルヴァン杯準々決勝で鹿島に2戦合計4-5で敗退、第1戦の前半0-3が響く

 浦和レッズはルヴァンカップ準々決勝第2戦で、鹿島アントラーズと2-2で引き分けたものの、2戦合計では1分1敗のトータル4-5で敗れた。今季の浦和の戦いは、全体的に追いかける展開になってから好転する傾向にあるなかで、FW興梠慎三は「あらためて攻撃的にやらないとダメということ」と話した。

 浦和はホームでの第1戦、前半だけで0-3と絶望的なスコアになった。それを後半に入り、途中出場した興梠のゴールなどで2点を奪って2-3とし、第2戦へ向けて現実的な突破条件を残した。

 そして、このアウェーゲームでは前半から一気にペースをつかんだ。それは、鹿島の大岩剛監督が「(浦和が)得点が必要な状況とは言え、あれだけのハイ・インテンシティーで来るのは予想外だった」と振り返るほどだった。

 そうしたなかで興梠は、「前半は完璧にウチのペースだった。裏への動きもあったし、連動性も良かった」というなかで、前半28分にMFエヴェルトンのゴールをアシスト。突破まであと1点としてハーフタイムを迎えた。しかし、後半3分に興梠はシュートを打とうとしたタイミングで相手にブロックされ、「そのまま着地した足に乗られてしまった」と、右足を痛めて無念の負傷交代となった。

 その後、お互いに得点を奪い合った試合は2-2で終了し、2戦合計5-4とした鹿島の突破が決まった。

 今季の浦和は、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の16強、蔚山現代(韓国)戦でも、初戦を落としたところから逆転で突破した。リーグ戦でも、先制点を奪われてから目を覚ましたように攻撃が機能するも、引き分けに持ち込むところで試合が終わることが多い。この鹿島との2試合を見ても、トータルすれば0-3とされてから必死で挽回したものの、力及ばずという流れだった。こうしたスロースタートから、苦しくなって逆襲する傾向が今季あることは否定できない。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング