日本代表、2列目トリオ躍動! 南野拓実が追加点奪取…堂安律のクロスからヘッド炸裂

ミャンマー戦、日本代表MF南野が2点目を決めた【写真:Noriko NAGANO】
ミャンマー戦、日本代表MF南野が2点目を決めた【写真:Noriko NAGANO】

中島翔哉の先制点に続き、リードを2点に広げる

 日本代表は10日、敵地でカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選初戦ミャンマー戦に臨み、前半16分に背番号10MF中島翔哉(ポルト)のゴールで先制に成功。さらに同26分にはMF堂安律(PSV)のクロスからFW南野拓実(ザルツブルク)がヘディングシュートを決めて追加点を奪った。

 中島のミドルシュートで幸先よく先制に成功した森保ジャパン。その手も攻撃の手を緩めることはなく、ミャンマーゴールに迫っていく。

 迎えた同26分、自らのシュートのこぼれ球を拾ったMF堂安が左サイドから中央へクロスを供給すると、走り込んだ南野が頭で押し込んだ。

 中島、堂安、南野と森保監督体制発足直後から主力として起用されているアタッカー3人が躍動し、日本が試合を優位に進めている。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング