吉田麻也、4年前の“失敗”乗り越え雪辱宣言 「正直なところ1年経っても引きずっていた」

日本代表DF吉田麻也【写真:高橋学】
日本代表DF吉田麻也【写真:高橋学】

W杯アジア予選の初戦に向けて練習を再開

 日本代表DF吉田麻也(サウサンプトン)が7日、4年前のロシア・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選初戦の雪辱を誓った。日本代表は10日のカタールW杯アジア2次予選初戦となるミャンマー戦(ヤンゴン)に向けて現地で練習をスタート。ピッチが劣悪だったり、スコールが降ったりと“アジアの洗礼”に遭うなか、自身3度目となるW杯予選に臨む主将は、前回の苦い経験を糧に精神面を安定させて冷静に戦うことを強調した。

 カタールW杯への切符をつかみ取るため、7日から練習を再開した森保ジャパン。5日の国際親善試合パラグアイ戦(2-0)は快勝し、弾みをつけてミャンマーの地に乗り込んだ。だが、ヤンゴン市内に天然芝の練習場はなく、日本サッカー協会関係者が「一応天然芝のスタジアムのピッチに近い」とした、芝ではなく“雑草”が生え、ぬかるんだピッチの練習場となった。練習中には約20分間のスコールに見舞われ、選手たちのユニフォームは泥だらけ。“アジアの洗礼”と言えるような劣悪な環境でW杯予選初戦を迎えることになる。

 主将の吉田は、負けられない一戦を前に敵地での戦い方を分析。18歳のMF久保建英(マジョルカ)はもちろん、森保ジャパンの中軸を担うMF中島翔哉(ポルト)やMF堂安律(PSV)、DF冨安健洋(ボローニャ)らは初めてのW杯予選となる。自身3度目のW杯予選に臨む吉田は経験ある立場から勝利をつかむために必要なことを明かした。

「なかなか普段と違う環境、劣悪な環境で理想とするサッカーができない。そのなかで、理想と現実をどこまで折り合いつけてプレーするか。慣れていない選手は難しいですし、どんな大会でも初戦は非常に難しいと思うので、前回のような失敗をしないように、フィジカル的にそうですけど、やっぱりメンタル的に気を付けたい」

 吉田が話す「前回のような失敗」――。4年前、2015年6月16日、ロシアW杯に向けたアジア2次予選の初戦だった。ホームで5万7000人以上が埼玉スタジアムに駆けつけたシンガポール戦で圧倒しながらも0-0と引き分けた。この“ショッキング”なドローは吉田にとっても大きなものだったようだ。

【PR】2019-2020シーズンのプレミアリーグが見られるのはDAZNだけ!

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング