マンチェスター・U再生へ ファンハール新監督が自身のフライト中も練習指令

 ブラジルワールドカップでオランダ代表を3位に導いたばかりの新指揮官は、いきなり精力的な動きを見せている。午前11時50分、マンチェスター空港に到着すると、クラブハウスに直行。選手、スタッフ、ユースの選手と昼食を取り、16日午後5時半の練習前に、今季からアシスタントコーチを務めるライアン•ギグスらスタッフへのブリーフィングをすませた。

 また、ファンハール監督は、自身がフライト中だった午前9時半からトレーニングを行うように指示。香川やイングランド代表FWウェイン・ルーニーは近日中の合流となるが、着任初日からいきなりの二部練習となった。昨季デビッド・モイーズ元監督の体制下で凋落したマンチェスター・ユナイテッドを、オランダの名将が鍛え直す。

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

※ワールドカップ期間中、記事内で扱うシーンの一部はFIFAワールドカップ公式動画配信サイト&アプリ『LEGENDS STADIUM』のマルチアングル動画、選手毎のスタッツデータで確認できます。
詳しくは、「LEGENDS STADIUM 2014 – FIFAワールドカップ公式動画」まで

トレンド

ランキング