ネイマールは「1人になって決めないと…」 スアレスがバルサ復帰騒動の盟友に言及

バルセロナFWスアレス(右)が“盟友”ネイマールにメッセージを送った【写真:Getty Images】
バルセロナFWスアレス(右)が“盟友”ネイマールにメッセージを送った【写真:Getty Images】

“MSNトリオ”として一時代を築いたスアレスがネイマールにメッセージ

 ブラジル代表FWネイマール(パリ・サンジェルマン/PSG)は、今夏の移籍市場で古巣バルセロナへの復帰が取り沙汰されている。選手登録期限のリミットが近づくなかで、かつて「MSNトリオ」として一時代を築いたウルグアイ代表FWルイス・スアレスがネイマールに対してメッセージを送っている。

 ネイマール移籍に関しては、英公共放送「BBC」が2億ユーロ(約235億円)にDFジャン=クレール・トディボ、クロアチア代表MFイバン・ラキティッチ、フランス代表FWウスマン・デンベレの3人をレンタル移籍させる形で、クラブ間合意がなされたという報道があった一方で、PSGのレオナルドSD(スポーツディレクター)はその噂を一蹴している。

 こうした状況に言及したのがスアレスだ。ネイマールがパリを去りたいとの意向を示していることを踏まえて、ウルグアイのラジオ局「Sport 890」にこのように話していたという。

「ネイマールにとって、今は難しい時なんだと理解している。ただ彼は、もし自分が何を求めているのか決めるのならば、1人になって決めなければならないよ」

 ネイマールを巡っては代理人を務める父親などの周辺環境も、移籍問題がこじれる一因となっている。「バルサを離れたいと思ったことはこれっぽっちもない」とも語るスアレスは、決めるのは自分自身であるとネイマールに伝えたかったのだろう。

 アルゼンチン代表FWリオネル・メッシとともに築き上げた「MSNトリオ」、そして今季加入したフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンとの豪華前線カルテットの結成なるのか――。9月2日の移籍期限まで、ネイマールがサッカー界の主役になることだけは間違いない。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング