韓国代表FWイ・スンウ、母国紙は“冨安ルート”期待 「再びビッグリーグ行きのドアを開く」

(左から)FWイ・スンウ、DF冨安健洋【写真:Getty Images】
(左から)FWイ・スンウ、DF冨安健洋【写真:Getty Images】

ベルギー1部シント=トロイデン移籍が濃厚 今夏ボローニャ移籍の冨安が道標に?

 セリエAのエラス・ヴェローナに所属する韓国代表FWイ・スンウは、ベルギー1部シント=トロイデンへの完全移籍に迫っていると現地時間27日にイタリアのサッカー情報サイト「ジャンルカ・ディマルツィオ・コム」で報じられた。韓国紙は今夏、セリエAボローニャに移籍を果たした日本代表DF冨安健洋を例に挙げ、イ・スンウにも将来的なステップアップに期待しているようだ。

 イ・スンウはスペインの名門バルセロナの下部組織出身で“韓国のメッシ”の異名を取る。バルセロナBでのデビューも果たしていたが、2017年にヴェローナへと移籍。昨季はセリエB(2部)で26試合1得点を記録していた。

 セリエAに昇格した今季、イ・スンウは背番号を「16」から「9」に変更。クラブからの期待も表れていたが、27日にシント=トロイデン移籍が濃厚と報じられた。韓国各紙も期待の若手であるイ・スンウの移籍報道を大きく取り上げているが、そのなかで経済紙「毎日経済」はシント=トロイデンからボローニャにステップアップした冨安の例に注目。次のように取り上げた。

「イ・スンウが加入するシント=トロイデンは、大きく成長する可能性を持つ有望株を迎え入れ、一定水準を満たす選手にまで育てた後、高額な移籍金と引き換えに売却することに長けている。先月、日本代表DF冨安健洋を700万ユーロ(約8億円)でボローニャに移籍させた。オプションを満たせば1000万ユーロ(約12億円)の契約であり、関心を集めた」

 そして韓国紙「スポーツ朝鮮」は「やむなく選んだベルギー行き。災い転じて福となすことができるか」と見出しを打ち、移籍の経緯を詳報。冨安が残した“巨額の移籍金”がイ・スンウ獲得の決め手になったとしたうえで、「シント=トロイデンで活躍した冨安はすぐにセリエAに移籍した。イ・スンウも良いプレーを見せれば、再びビッグリーグ行きのドアを開くことができる」と指摘。冨安と同じルートを辿り、ベルギーでの活躍を経てステップアップする未来に期待していた。

 昨年のロシア・ワールドカップ(W杯)にも韓国代表にチーム最年少で選出され、2試合に出場したイ・スンウだが、9月に行われる親善試合ジョージア戦、カタールW杯2次予選トルクメニスタン戦のメンバーからは外れた。まだ21歳と若い“韓国のメッシ”は、ベルギーの地で再出発することになりそうだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング