マジョルカ移籍の久保建英、“ライバル”のフランス人アタッカーが肩組み2ショット投稿

マジョルカMF久保建英【写真:Yukihito Taguchi】
マジョルカMF久保建英【写真:Yukihito Taguchi】

同日に加入したフランス人MFサリビュルが10歳年下の久保との2ショットをSNSで公開

 日本代表MF久保建英は、現地時間22日にレアル・マドリードから同じスペイン1部マジョルカへ期限付き移籍が決まった。翌日からチーム練習に合流し、25日のリーグ第2節レアル・ソシエダ戦でのデビューも期待されるなか、ポジションを争うライバルが自身のSNSで久保との肩組み2ショットをアップしている。

 現在18歳の久保は今夏、J1リーグのFC東京からスペインの名門レアルへ移籍。トップチームに帯同してプレシーズンマッチ4試合で途中出場を果たし、トップの練習とカスティージャ(Bチーム)の試合を兼務していた。カスティージャが主戦場になるかと思われたが、22日に一転マジョルカへの期限付き移籍が決まっている。

 マジョルカとレアルの発表によれば、レンタル期間は20年6月30日まで。23日からはチーム練習に合流しているが、契約が合意に達した22日には、同日にフランス2部ギャンガンから加入したフランス人MFヤニス・サリビュルとの2ショットがクラブ公式ツイッターで公開されていた。

 28歳のサリビュルは、久保と同じレフティーで右ウイングを主戦場とする。久保がレギュラーを勝ち獲るうえでの“ライバル”は、10歳年下の久保と肩を組んでシャカサインを決める2ショットをインスタグラムのストーリー(24時間で自動削除される写真・動画)にアップしている。

 久保はチームメートと切磋琢磨しながら、虎視眈々とスペイン1部デビューに備えている。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング