マンUサンチェス、“売却交渉”を指揮官が認める 「放出について話を進めている」

ユナイテッドFWサンチェス【写真:Getty Images】
ユナイテッドFWサンチェス【写真:Getty Images】

試合前会見に出席したスールシャール監督がサンチェスの状況に言及

 マンチェスター・ユナイテッドのオレ・グンナー・スールシャール監督が、チリ代表FWアレクシス・サンチェスの売却交渉が進んでいることを明言した。記者会見について、英衛星放送「スカイ・スポーツ」がレポートしている。

 ユナイテッドは現地時間24日に、リーグ第3節のクリスタル・パレス戦を控えている。その前日会見に出席したスールシャール監督は、サンチェスの状況についてこのような言葉を残している。

「私たちはいくつかのクラブとアレクシスの放出について話を進めている。ただし今週に関しては、その話題について考える期間を終えた。アレクシスは良いプレーをしているし、ハードなトレーニングを積んでいる。9月になって、彼がどのような状況を迎えているか見てみよう」

 サンチェスに関しては、イタリア・セリエAの強豪インテルへの期限付き移籍で基本合意しているという報道があったが、クラブ間交渉ではサンチェスの日本円にして約22億円という高額年俸の負担割合について合意に達していないというレポートもあった。インテルのアントニオ・コンテ新監督は、サンチェスの獲得を熱望しているとされている。

 いずれにせよ、クリスタル・パレス戦を終えるまでは正式な動きはないとみられる。一方インテルの開幕戦は現地時間26日のナイトゲームだけに、25日に決着がつかなければ27日以降に交渉がずれ込むことが予想される。

 移籍市場の最終週までもつれ込むことが確実になったサンチェスの放出交渉だが、獲得に強い意思を見せるインテルがまとめ上げるのか、それとも違う選択肢が発生するのか、注目される存在だと言えそうだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング