レアル久保建英の“禅モード”が話題 憤怒の対戦相手を仲裁する紳士的行動に海外紙注目

レアルBで先発フル出場を飾った日本代表MF久保建英【写真:Getty Images】
レアルBで先発フル出場を飾った日本代表MF久保建英【写真:Getty Images】

カスティージャの一員としてブルゴス戦に出場 終盤にエキサイトする相手をなだめる

 レアル・マドリードの日本代表MF久保建英は、カスティージャ(レアルB)の一員として現地時間18日にスペイン3部ブルゴスCFとのテストマッチにフル出場した。試合は2-3と惜敗したなか、終了間際に両軍が入り乱れる乱闘騒動が勃発。“仲裁”に入った久保の行動を海外メディアが悟りを開く「禅」と評している。

 今夏FC東京からレアルに移籍した久保は、トップチームに帯同してプレシーズンマッチ計4試合に途中出場。その後はトップチームの練習とカスティージャの試合を兼任してきた。

 14日の3部クルトゥラル・レオネサ戦(0-3)では右MFでフル出場。18日のブルゴス戦も4-3-3の右ウイングとしてスタメンに名を連ね、前半終了間際には同点弾の起点となった。後半17分にはカスティージャが逆転するも、その後に2点を奪われて2-3の敗戦を喫している。

 もっとも、試合内容以上に注目を集めているのが、後半アディショナルタイムの乱闘騒ぎだ。カスティージャが攻撃に転じた際に敵陣中央で両チームの選手が接触したのをきっかけに、騒動が発生。両軍が入り乱れての小競り合いとなった。

 発生当初は騒動の中心から遠い場所にいた久保だが、すぐさま小競り合いの中心に割って入り、興奮する相手選手に落ち着くように促した。久保を含めた数選手の冷静な振る舞いにより、必要以上に大きな乱闘に発展することなく、騒動は収束している。

 スペイン紙「AS」コロンビア版は「“禅”クボが冷静に到着」と題し、「ゲーム中にあまり輝きを見せなかった日本人は口論の間、冷静に行動し、仲裁者のマインドを示した」と紳士的な行動を伝えている。

 カスティージャでは得点の起点となるシーンがある一方で、レオネサ戦のように決定機を逃す場面も少なくなく、まだ得点はない。間もなく開幕する3部でプレーすることになれば、いち早く結果を手にしたいところだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング