レアル久保、ロングパスに華麗な空中トラップ披露 左足で“ピタリ”の脱帽スキルに注目

レアルBで先発フル出場を飾った日本代表MF久保建英【写真:Getty Images】
レアルBで先発フル出場を飾った日本代表MF久保建英【写真:Getty Images】

3部ブルゴス戦でフル出場、スロー映像で久保のスキルをクローズアップ

 レアル・マドリードの日本代表MF久保建英は、カスティージャ(レアルB)の一員として現地時間18日にスペイン3部ブルゴスCFとのテストマッチに先発フル出場した。2-3と惜敗したなか、18歳の日本人アタッカーが後半に華麗な空中トラップを披露し、スキルの高さを見せつけている。

 今夏、FC東京からレアルに移籍した久保は、トップチームの練習に参加しながら、カスティージャの試合に出場。7日のスペイン2部アルコルコン戦(3-0)では右MFで後半25分までプレーし、10日の2部テネリフェ戦は欠場。14日の3部クルトゥラル・レオネサ戦(0-3)では右MFでフル出場した。

 そしてブルゴス戦も先発。前半11分に先制点を献上したが、前半終了間際に久保のダイレクトパスが起点となって同点に追いつく。1-1で迎えた後半6分、久保が右サイドで見せた。

 左サイドから逆サイドへロングパスが送られたなか、右サイドで張っていた久保が反応。長距離パスにタイミングを合わせて落下地点に入ると、ボールが地面に落ちる瞬間、左足を出した久保が右足でわずかにジャンプした。一瞬、地面から両足が浮いた状態を作り、空中トラップで見事にボールの勢いを吸収し、左足でピタリとボールを止めた。レアル公式YouTubeチャンネルで試合のライブ映像を配信。プレー直後、スロー映像で久保の“空中トラップ”を振り返っている。

 試合は後半17分にカスティージャが勝ち越すも、同25分にオウンゴールで2-2となり、終了間際に痛恨のPKを献上して2-3で敗れた。久保はノーゴールに終わったが、前後半に惜しいシュートを放つなど脅威を与え、高いテクニックも発揮。25日にラス・ロサスとの3部リーグ開幕戦が迫るなか、久保の爆発に期待が懸かる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング