久保建英、レアルBフル出場 好機演出を現地紙評価「敗戦にもかかわらず輝いた」

カスティージャの試合に出場したMF久保建英【写真:Yukihito Taguchi】
カスティージャの試合に出場したMF久保建英【写真:Yukihito Taguchi】

レオネサ戦で右MFとしてプレー 随所にドリブル突破から好機を作り、自らもシュート

 レアル・マドリードの日本代表MF久保建英は現地時間14日、カスティージャ(Bチーム)の一員として3部クルトゥラル・レオネサとのテストマッチに先発出場。右サイドに入って攻撃を牽引したが、ゴールを割れずにチームも0-3で敗戦を喫した。悔しい結果となったが、レアル贔屓紙は「敗戦にもかかわらず輝いた」と伝えている。

 7日に行われたアルコルコン戦(3-0)以来のカスティージャ出場となった久保は、「7番」を背負って4-4-2の右MFで先発出場。前半11分、ドリブルで持ち込んだ久保がペナルティーエリア左で再びボールを受けると、フェイント一つでマーカーを抜いて左足を一閃。グラウンダーのシュートはわずかに枠を外れた。

 同17分には、右サイドで縦パスを受けてそのままマーカーを置き去りにし、ドリブルで突破。左サイドに展開して味方のシュートチャンスを演出するもゴールはならず。カスティージャは前半28分にサイドからのクロスに合わせられて先制点を献上すると、その6分後にもセットプレーから失点して2点のビハインドを背負ってしまう。

 前半40分には、右サイドのスペースに走り込んだ久保がフリーで左足を振り抜くもシュートはGK正面。こぼれ球を押し込んだ味方のシュートもクロスバーに嫌われてゴールが遠い。

 後半5分に3点目を許したカスティージャは、同19分に左サイドからの折り返しに久保がファーサイドで合わせるもシュートは相手GKが阻止。その1分後にもショートカウンターから久保にペナルティーエリア内でチャンスが訪れたが、右足の一撃は飛び出してきたGKのファインセーブに遭い、またしてもゴールはならなかった。カスティージャは多くの決定機を作りながらも、結局0-3で敗れた。

 それでもフル出場で随所に違いを作った久保に対し、スペイン紙「マルカ」は「久保はカスティージャの敗戦にもかかわらず輝いた」と見出しを打ってレポート。「ラウールのチームは前半30分間、久保を中心に支配した。しかし、ディオニのゴールで崩壊した。カスティージャは日本人(久保)が右ウイングからチャンスを作ったが、巻き返せなかった」と久保が中心となって攻めたがチャンスを生かせず、逆に失点して敗れたことを伝えている。

 カスティージャはスペイン2部ブルゴスとのテストマッチを経て、25日にラス・ロサスとの開幕戦を迎える。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング