南野&奥川のザルツブルク、レアル戦で得た“CL基準” 「夢」の本戦へ向けた課題とは?

(左から)ザルツブルクMF奥川雅也、FW南野拓実【写真:Getty Images】
(左から)ザルツブルクMF奥川雅也、FW南野拓実【写真:Getty Images】

テストマッチとは思えない熱気のなかでレアルと激突

 3万188人――。日本代表MF南野拓実とMF奥川雅也が所属するザルツブルクのスタジアムが、ここまでの観客で埋まったことがあっただろうか。昨シーズンのオーストリアブンデスリーガでは平均入場者数が9687人。2017-18シーズンのUEFAヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント準々決勝、準決勝の時が2万9500人ほどだったので、その時以上の数字ということになる。

 現地時間7日に行われた一戦、相手がレアル・マドリードだからと、物見遊山のファンばかりだったわけではない。それは試合前の熱気からも感じられた。とてもテストマッチのそれではなかった。思わず7月下旬にドイツのミュンヘンで行われたアウディカップでの光景と見比べてしまった。

 “決勝戦”でバイエルンはGKマヌエル・ノイアー、DFニクラス・ジューレを除く9ポジションをローテーション。もちろん時期的なものはあるだろう。そして強豪と顔を合わせるのが、ある意味当たり前の彼らにとってはあくまでも調整としてのテストマッチであることは理解できる。ただセカンドチーム所属の選手があまりに多く、観客が戸惑っていたのも事実だ。

 ザルツブルクにとって、レアル戦は思い入れが違う。いつでもこうした相手と試合ができるわけではない。加えて今季は、クラブ創立以来初となるUEFAチャンピオンズリーグ(CL)本戦出場がやっと叶う。自分たちの立ち位置はどこにあるのか。2015-16シーズンからCLを3連覇した王者との一戦は、1カ月後に迫ったグループステージに向けて多くの経験を得ることができるまたとない機会なのだ。

 当然選手の気合も違う。この日、後半45分間に出場した奥川は「自然に興奮じゃないですけど、モチベーションが上がるというのが今日の率直な気持ち」と、試合後に心境を明かしてくれた。現在地を探るうえでも真っ向勝負を挑んでいく。チームとして自分たちの持ち味である積極的な前線からの守備と、素早い縦への攻撃で真っ向からぶつかろうとした。

 狙い通りにボールを奪取し、相手を崩したシーンもあったが、「もうちょっと上手くペース配分というか、上手いことボールを持った時に冷静になれていれば良かったかなと思いました。ちょっとプレスに固執しすぎたかなと。行きすぎたみたいな」と分析したように、全体的に気がはやりすぎてプレスが空回りしたり、スピードを調整できずにパスミスが続いた時間帯もあった。このあたりはCL本戦に向けての課題になる。

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング