南野拓実の被害に海外衝撃「犯罪的タックル」 レアルDFラモスに批判殺到「卑劣」

ザルツブルクMF南野拓実【写真:Getty Images】
ザルツブルクMF南野拓実【写真:Getty Images】

レアル戦に右MFで先発した南野、開始早々にDFラモスから激しいタックル

 オーストリア1部ザルツブルクは、現地時間7日のプレシーズンマッチでスペイン1部レアル・マドリードと対戦し、0-1で惜敗した。先発出場した日本代表MF南野拓実が、開始早々にレアルのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスから強烈なタックルを受けるシーンが見られ、海外メディアは「犯罪的タックル」と驚きをもって報道。SNS上では「卑劣」「最悪の性格」と批判が殺到している。

 南野は4-4-2システムの右MFとして先発し、前半2分に思わぬ形で注目を集めた。自陣エリアでボールを奪ったザルツブルクはすぐさま攻撃に転じ、後方から前方の南野へパス。ボールを受けた南野がドリブルで持ち運ぼうとした直後、勢いよく間合いを詰めてきたのがレアルDFラモスだった。

 南野がかわしにかかるなか、遅れ気味に寄せたラモスは足を伸ばしてタックル。この時、ラモスの右足裏が南野の右足首をヒットし、南野はピッチに転がった。痛そうな表情を浮かべて患部を押さえる南野に対して、ラモスも申し訳ないという素振りで近寄って謝罪している。

 このシーンに海外メディアも注目。米スポーツ専門テレビ局の番組「ESPN Futbol Club」公式ツイッターは「再びセルヒオ・ラモス」と記し、「レアルのDFは試合直後、相手の足首に恐ろしい一撃を加えた!」と報じた。

 またブラジルメディア「Torcedores」は「セルヒオ・ラモスが、親善試合で犯罪的なタックルをした。公式戦ではないが、ラモスは1対1で入れ替わられたくなかった」と言及。さらにSNS上で広がるファンの声を拾い、「ラモスは犯罪者。逮捕されるべき」「この男は愚かであり、意地悪だ」「最悪の性格」「卑劣」と批判が広がっている。

 試合は前半19分、レアルのベルギー代表MFエデン・アザールが決勝弾。南野は前半を終えて交代し、後半からザルツブルクMF奥川雅也が出場したが、ザルツブルクは0-1と惜敗している。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング