「ロドリゲス祭り」 レアルMFハメス、圧巻の“エラシコ股抜き”に海外メディア脱帽

なかなか出場機会を得られないレアルMFハメス・ロドリゲス【写真:Getty Images】
なかなか出場機会を得られないレアルMFハメス・ロドリゲス【写真:Getty Images】

練習で対峙した相手をエラシコで股抜きし、ニアサイドに強烈な一撃をお見舞い

 レアル・マドリードのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスは、ザルツブルク戦(現地時間7日)、ASローマ戦(11日)の遠征メンバーから外れ、マドリードに残って汗を流している。イタリア1部ナポリへの移籍も囁かれるなか、SNS上では練習中に見せたエラシコ→股抜き→弾丸シュートの連続技動画が拡散し「ロドリゲス祭り」と反響を呼んでいる。

 2014年にレアルに加入したハメスは、ジネディーヌ・ジダン監督の下では出場機会を失い、過去2年はドイツ王者バイエルンにレンタルされていた。しかし今夏、バイエルンが買い取りオプションを行使せず、一旦レアルに復帰。新たな移籍先探しに奔走しており、ナポリやアトレチコ・マドリードなどの強豪が獲得に興味を示しているとされる。

 日本代表MF南野拓実を擁するザルツブルク戦、ローマ戦のメンバー20人から外れたハメスだが、練習でのプレーがネット上を賑わせている。

 実戦形式のメニューで、ペナルティーエリア内右でボールを受けたハメスは、立ちはだかるマーカーに正対。左足アウトサイドでボールを内側から押し出すと同時に、そのままボールの外側を足の内側でひっかける“エラシコ”を繰り出して股下を抜くと、左足を振り抜いてニアサイドをぶち破り、豪快にゴールネットを揺らした。

 フランスメディア「フットメルカート」は、「エラシコ、プティ・ポンプティ(股抜き)、シュート:ハメス・ロドリゲス祭り」と題して、「コパ・アメリカ後にレアル・マドリードの練習に戻ったハメス・ロドリゲスは完璧なフィジカル状態だ。しかし、ザルツブルクとの親善試合に招集されなかったことからも明らかなように、彼はまだスタートラインにいる。彼の脅威を妨げるものはない」とレポートした。

 また、ブラジルテレビ局「SporTV」公式ツイッターで動画が公開されると、「ジダンはなぜこの男を好きじゃない?」「最もエキサイティングな選手の1人」「膝を砕いた」といったコメントが、ハメスの能力の高さに対して寄せられている。

 今季、ハメスはどのチームでプレーするのか、また本来の輝きを放てるのか、注目ポイントの一つになりそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング