「監督はすごく助けてくれた」とGKロメロ。恩師の決勝進出の野望をシャットアウト!

「私はロメロに、いかにしてPKを止めるか指導した。だから、痛恨だ。われわれが彼を欧州に連れてきたんだ」

 試合後、指揮官は無念の言葉をつないだ。昨季フランスの名門ASモナコでプレーしたアルゼンチン代表GKセルヒオ・ロメロは、2007年にアルゼンチン強豪ラシンからオランダ1部のAZに移籍。このときにAZの監督を務めていたのが、ファンハール氏だった。ロメロは指揮官がバイエルンに移るまでの2年間、直接指導した愛弟子で、「彼は大きな才能の持ち主で、(PKを止める)クオリティーを持っている」と、敗戦後もその能力をあらためて高く評価していた。

 一方、DFロン・フラールとMFウェスレイ・スナイダーのシュートを阻み、決勝進出の立役者となったロメロも、かつての師匠からの恩を忘れていない。「試合後にドレッシングルールに行って、彼に感謝してきた。私がオランダに移籍して、異国の文化に戸惑っているときにすごく助けてくれた。最初は言葉が分からなかったけれど、監督はスペイン語を話せて、すごく助けてくれたんだ」と語った。

 準々決勝コスタリカ戦でPK戦にもつれた際には、正守護神のヤスパー・シレセンの代わりに、GKティム・クルルを投入する奇策が奏功したファンハール監督。しかし、この日は愛弟子に2大会連続となるオランダの決勝進出の野望を断たれた。

 

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

※ワールドカップ期間中、記事内で扱うシーンの一部はFIFAワールドカップ公式動画配信サイト&アプリ『LEGENDS STADIUM』のマルチアングル動画、選手毎のスタッツデータで確認できます。
詳しくは、「LEGENDS STADIUM 2014 – FIFAワールドカップ公式動画」まで

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング