レアル、トッテナム戦後半35分に久保建英を投入 0-1劣勢で右サイド起用、強烈ミドルも

レアル・マドリードのMF久保建英【写真:Yukihito Taguchi】
レアル・マドリードのMF久保建英【写真:Yukihito Taguchi】

アウディカップ準決勝で前半から劣勢が続くなかでピッチへ 右サイドに配置される

 レアル・マドリードは現地時間30日にアウディカップ準決勝でトットナムと対戦。前半を終えて0-1とビハインドを背負うなか、後半35分から日本代表MF久保建英が投入されている。

 序盤から劣勢に立たされたレアルは、前半22分にはイングランド代表FWハリー・ケインに先制点を許す展開に。後半に入ってもトットナムに押される時間帯は続き、コスタリカ代表GKケイラー・ナバスの好セーブやDF陣の粘りもあって何とか1点差をキープしていた。

 そして迎えた後半35分、レアルは久保を右サイドに投入する。直後にブラジル人FWヴィニシウス・ジュニオールへのラストパスを試み、自身でもミドルシュートを放つなど、積極的な姿勢を披露した。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング