「本当はバルサに来てほしかった」 スペイン人記者が久保建英に本音「前々から…」

レアル・マドリードのMF久保建英【写真:Yukihito Taguchi】
レアル・マドリードのMF久保建英【写真:Yukihito Taguchi】

レアルに加入した久保の今後の飛躍に太鼓判 「大物になると宣言していた」

「もちろん。そうに決まっているさ! 本当はバルサに来てほしかったんだ…」

 この発言は、ヴィッセル神戸対バルセロナの「Rakuten CUP」を現地取材すべく、神戸を訪れていたスペイン人記者に「久保建英をバルセロナで見ることを望んでいたか?」と質問した際の回答だ。首を振りながら残念そうに答える表情が印象的だった。

 バルセロナは27日、神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタを筆頭とした元バルサ3人衆が本拠地ノエビアスタジアム神戸に古巣を迎え撃つ試合として注目が集まった一戦で、2-0と勝利を飾った。

 試合後、神戸まで取材に訪れていたスペイン放送局「TVカタルーニャ」のフランセスク・ラトーレ記者を直撃。長年にわたりバルセロナを追っている同氏に、今夏レアル・マドリードに電撃加入した日本代表MF久保建英について聞くと、「タケを知っているかって? 当たり前さ!」と両手を拡げるジェスチャーで答えた。

「私は前々から久保建英は大物になると宣言していたんだ。今もすでにその片鱗は見せているよね。だけど、まぁ…今は、良い選手になることを遠くで見守ることしかできないね」

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング