バルサFWメッシがサプライズ 休暇で出会った11歳の少年とビーチサッカーで“共闘”

バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ【写真:Getty Images】
バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ【写真:Getty Images】

メッシの父に「一緒に遊ばないか?」と誘われ、約45分間ビーチサッカーに興じる

 イングランドから休暇でカリブ諸島にやってきた11歳の少年、マッケンジー・オネイルくんがビーチで遊んでいたところ、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ一家に遭遇した。1人で遊んでいたマッケンジーくんは、なんとメッシからサッカーに誘われたうえに、メッシ一家とボートに乗ったり泳ぐなどして夢のような時間を過ごしたようだ。米情報紙「ビジネス・インサイダー」が報じている。

 記事によると、イングランド南東出身のマッケンジーくんはビーチで、メッシとメッシの父親であるホルヘ氏、そしてメッシの子供たちがサッカーボールを蹴って遊んでいるところを目撃。マッケンジーくんがその近くで1人で遊んでいると、メッシ一家に「一緒に遊ばないか?」と誘われたという。

 マッケンジーくんはアルゼンチン紙「Ole」のインタビューで、「メッシは彼の家族とビーチにいたんだ。僕は、彼らから数メートル離れたところで、自分のボールを1人で蹴っていた。すると、彼のお父さんのホルヘさんが、僕にボールを投げてきて、『一緒に遊びたくはないか?』と聞いてきた。それで、チアゴ(メッシの長男)やメッシたちと45分くらい一緒にサッカーをしたんだ」と語っている。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング