レアル久保建英は「特別だ」 バイエルン戦の“足裏テク”が反響拡大「崇高なプレー」

レアル・マドリードの日本代表MF久保【写真 : 田口有史】
レアル・マドリードの日本代表MF久保【写真 : 田口有史】

カナダ代表MFデイビスをいなした華麗な足技に海外が熱視線 「アメリカ人は熱狂」

 日本代表MF久保建英は、現地時間20日に行われたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)初戦のバイエルン・ミュンヘン戦(1-3)で後半から出場し、レアル・マドリードでのデビューを飾った。堂々たるプレーで会場を沸かせたが、ドイツ王者バイエルンのカナダ代表MFを翻弄する足裏テクニックの反響が拡大。「アメリカ人は熱狂」「この子は特別だ」と23日に控えるアーセナル戦への期待も高まっている。

 久保は20日のバイエルン戦、前半15分に先制を許したなかで、「背番号26」を背負って後半から途中出場。キックオフ早々、ハーフウェーライン付近からの縦パスを受けると、相手2人に囲まれるも巧みなタッチで局面を打開し、すぐさま観客の目を引き付けた。さらに後半17分には、敵陣中央でボールを受けた久保がスルーパスを送り、ブラジル人FWヴィニシウス・ジュニオールのチャンスを演出。何度もボールに触るなど上々のデビューを飾った。

 そのなかで、注目を集めているのが後半44分のシーンだ。バイエルン陣内のアタッキングサードでカナダ代表MFアルフォンソ・デイビスと球際で競り合い、ゴールライン際で一足先にボールにタッチ。左足裏で巧みにコントロールし、同じ18歳の相手をいなしてみせた。レアル公式ツイッター日本語版も「久保のこのボールさばき…」と映像を公開したプレーを、海外メディアも称賛している。

 オランダのサッカー専門サイト「VoetbalPrimeur」は、「アメリカ人は熱狂」と見出しを打ち、「レアル・マドリードの真珠クボはバイエルンに対してパンナ(股抜き)を決めた」と報道。英紙「デイリー・メール」も「この子は特別だ」と称え、「一連の崇高なプレーで失望はさせなかった」と高く評価している。

 久保に対しては、日本の枠を飛び越えて海外からも熱視線が注がれている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング