ブラジル代表FWフレッジがドイツ戦の大敗に「この傷は我々の人生につきまとう」

 フレッジは「この傷は我々の人生につきまとうことになる。結果に落胆しているし、悲嘆に暮れている。これは我々の人生で最悪の試合でドイツには最高の試合だ。このネガティブな結末は歴史にも刻まれるだろう」と語っている。

 記事ではホスト国の圧倒的な完敗に「ブラジル代表の100年の歴史で最大の失敗」と厳しく断罪している。フレッジは4231システムの1トップを務めたが、クロアチアとの開幕戦で西村雄一主審から疑惑のPKを認められた以外に、目立った活躍を見せられなかった。

【了】

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

 

※ワールドカップ期間中、記事内で扱うシーンの一部はFIFAワールドカップ公式動画配信サイト&アプリ『LEGENDS STADIUM』のマルチアングル動画、選手毎のスタッツデータで確認できます。
詳しくは、「LEGENDS STADIUM 2014 – FIFAワールドカップ公式動画」まで

 

トレンド

ランキング