レアル久保建英、クラブ公式が移籍後初ムービーを投稿 「マドリディスタの皆さん…」

レマル・マドリードに加入した日本代表MF久保建英【写真:AP】
レマル・マドリードに加入した日本代表MF久保建英【写真:AP】

北米遠征に向かう機中でレアルサポーターに一言「またカナダで! アラ・マドリー!!」

 レアル・マドリードに電撃移籍した日本代表MF久保建英は、現地時間8日に発表された北米遠征メンバー29名入りを果たし、トップチームのスター選手たちとともにカナダへ移動。クラブ公式ツイッター日本語版は、久保のレアル移籍後初ムービーを公開し、18歳のレフティーは機中でファンに向けてメッセージを送っている。

 レアルは新シーズンに向けて8日に始動。クラブ公式サイトやSNSでは、2015-16シーズンからキャプテンを務めてきたスペイン代表DFセルヒオ・ラモス、2018年にバロンドールを獲得したクロアチア代表MFルカ・モドリッチ、ドイツ代表MFトニ・クロース、ウェールズ代表FWギャレス・ベイルらに加え、今夏チェルシーから1億ユーロ(約122億円)で獲得したベルギー代表MFエデン・アザールらが続々とクラブ施設に集結するなか、“白い巨人”の練習着に身を包んだ久保が、同じく新加入のフランス代表DFフェルランド・メンディやスペイン代表FWルーカス・バスケスと挨拶して握手をかわす姿が公開されていた。

 初日はメディカルチェックなどが行われ、チームは9日に北米遠征に向けてカナダへ出発。同日クラブ公式サイトでは遠征メンバー29名も正式発表され、久保もFW登録で名を連ねた。

 クラブ公式ツイッター日本語版は、久保のレアル移籍後初ムービーを投稿。18歳のレフティーは、「マドリディスタの皆さん、こんにちは! 今から飛行機に乗って、カナダへ行きます。またカナダで! アラ・マドリー!!」と初々しくレアルサポーターにメッセージを送っている。

 20日にはバイエルン・ミュンヘン(ヒューストン)、23日にはアーセナル(ワシントンDC)、26日にはアトレチコ・マドリード(イースト・ラザフォード)とプレシーズンマッチを行うレアル。北米の地でレアルデビューの瞬間は巡ってくるだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド