レアルDFラモス、まさかの“舌”で「ボトルキャップチャレンジ」に大反響「冗談だろ!?」

レアル・マドリードのスペイン代表DFセルヒオ・ラモス【写真:Getty Images】
レアル・マドリードのスペイン代表DFセルヒオ・ラモス【写真:Getty Images】

スペイン紙も「新しい方法」と驚愕、投稿から10時間あまりで600万回再生突破

 現在、流行り始めている「ボトルキャップチャレンジ」で新技が生まれたようだ。レアル・マドリードのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが自身の公式インスタグラムで、「これを上回れる?」と1本の動画を公開。まさかの行動に同僚たちから“爆笑”の絵文字が殺到し、600万回以上再生されるなど大きな反響を呼んでいる。

 ボトルキャップチャレンジとは、後ろ回し蹴りでボトルのキャップを巧みに回して開けるという試みで、今やSNS上では世界的に動画がアップされ、サッカー選手だけでなく、ハリウッドスターも挑戦するなど盛り上がりを見せている。

 後ろ回し蹴りでキャップを捉えるのが通常の方法だが、別の方法にトライしたのがラモスだった。インスタグラムで「これを上回れる?」と挑発的なメッセージを添えて、ボトルキャップチャレンジの映像を投稿。ボトルの目の前に立ったラモスは、体を回転させて回し蹴りをするかと思われた次の瞬間、自分の舌を出してキャップに近寄り、そのまま遠心力を利用してぐいっと開けて見せた。

 この動画に反応したのがスペイン紙「マルカ」だ。「芸当の新しい方法」と伝え、「ラモスがボトルキャップチャレンジを成功させた…舌で!」と驚愕。「世界中のサッカー選手や有名人が参加してきたが、ラモスが最近挑戦した。通常はキャップを蹴って成功させる。しかし、ラモスはキャップをなめるという新案でやった」と記している。

 返信欄では、クラブの同僚であるドイツ代表MFトニ・クロースをはじめ、レアルOBの元ブラジル代表DFロベルト・カルロスらが泣き笑いの絵文字を連続投稿して“爆笑”を表現。海外ファンからも「100点」「舌のキング」「今までで最高の挑戦」「冗談だろ!?」「マスター」など様々なコメントが届いている。

 動画の再生数は投稿から10時間あまりで600万回を突破するなど爆発的な伸びを見せており、ラモスのお茶目なボトルキャップチャレンジが話題となっているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング