「どんなレベルでもゴールを奪う」 FW岡崎慎司が「Aリーグがターゲットにすべき7人」選出

去就に注目が集まるFW岡崎慎司【写真:Getty Images】
去就に注目が集まるFW岡崎慎司【写真:Getty Images】

昨季限りでレスターを退団した岡崎 「日本とアジアにとってはビッグディール」

 昨季限りでレスターを退団した日本代表FW岡崎慎司は、次なる新天地に注目が集まっているが、オーストラリアのサッカー情報サイト「The World Game SBS」は「Aリーグがターゲットにするべき7人の選手」と見出しを打って報じ、岡崎の名を挙げている。

 岡崎はレスターに4シーズン在籍し、奇跡のプレミアリーグ優勝も経験。退団後にはコパ・アメリカ(南米選手権)にも参加し、第2戦ウルグアイ戦(2-2)と第3戦エクアドル戦(1-1)で先発を飾った。潰れ役としても得点に絡み、確かな存在感を放っていた。そんな岡崎の評価は、オーストラリアでも高いようだ。

「この日本代表のAリーグ移籍はすでに取り沙汰されているものだが、彼の貢献を確保するには数多の競争で勝ち抜く必要がある。それを差し置けば、彼はフリーエージェントなので、(獲得は)容易いようには見える。この33歳はレスターの奇跡のプレミア優勝を手助けした。依然としてどんなレベルでもゴールを奪う力があり、日本とアジアにとってはビッグディールだ。彼の貢献度とエネルギーは違いを生み出し、本田圭佑の後釜となるビッグネームだ。彼のキャリアのステータスを踏まえれば、オーストラリアにとっては良いアピールとなる」

 記事では、岡崎を「ビッグネーム」と取り上げ、昨季限りで退団した元日本代表MF本田圭佑に続くAリーグの顔となることに期待を寄せていた。紹介された中にはアウクスブルクの韓国代表MFク・ジャチョルの名前も挙げられていたが、新シーズンの開幕が迫るなか、岡崎は新たな活躍の場にどのクラブを選ぶことになるのだろうか。

>>【PR】「DAZN」で観られるコパ・アメリカ2019 試合日程はこちらから

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング