浦和、流経大相手に1-1で前半終了 下部組織出身のMFに一撃を食らいブーイングも

鈴木大輔のゴールで先制するも...【写真:Getty Images】
鈴木大輔のゴールで先制するも…【写真:Getty Images】

前半2分に鈴木大輔のゴールで先制するも、浦和JY出身の菊地に同点弾を許す

 浦和レッズは3日、天皇杯2回戦の流通経済大と対戦し、前半を1-1で終えている。流通経済大の同点ゴールは、浦和の下部組織出身のMF菊地泰智の豪快な左足シュートでもたらされた。

 浦和は6月26日にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)ラウンド16で韓国遠征、30日にリーグ戦のアウェー大分トリニータ戦、さらに中2日で迎えたゲームとなり、大分戦からはスタメンを9人変更。DF茂木力也やMF阿部勇樹、MF山田直輝といった今季ここまで出場機会の少ない選手も入ったメンバーが送り出された。

 浦和にとっては“聖地”とも言える浦和駒場スタジアムでの試合は前半2分、山田が右コーナーキックで正確なボールを入れるとDF鈴木大輔がダイビングヘッドでゴール。浦和への加入初ゴールが決まり、あっさりと先制点が入った。

 しかし、流通経済大は徐々にボール保持率を高めると、浦和GK福島春樹を脅かすようなシュートも放ち始めた。すると前半19分、流通経済大は左サイドからの攻撃でペナルティーエリア左サイドにこぼれ球が発生すると、反応よくボールを確保した菊地がそのまま縦に突破。角度のないところから思い切って左足を振り抜くと、福島のニアサイド上を破ったシュートがゴールに突き刺さって1-1の同点となった。

 菊地は浦和ジュニアユース出身で、現所属ではDF橋岡大樹やDF荻原拓也と同期。流通経済大柏高に進学すると、3年時には「10番」を背負って全国高校サッカー選手権で準優勝も果たした。流通経済大への進学後も、オズワルド・オリヴェイラ前監督は指揮を執っていた時期に浦和の練習生としてトレーニングマッチに参加したこともある。

 160センチと小柄ながら、高い技術を持つレフティーによる育った古巣相手のキツイ一撃を食らった浦和は、前半のうちに勝ち越しゴールは奪えずに1-1でハーフタイムへ。駒場スタジアムにはブーイングも鳴り響いた。浦和のベンチには流通経済大OBのMF宇賀神友弥とFW武藤雄樹の名前もあるが、後半に主力の投入はあるのだろうか。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング