大型補強のレアル、総額201億円超えの“資金作り”に成功? クラブ史上最高の売却益か

積極的な補強が目につくレアル・マドリード【写真:Getty Images】
積極的な補強が目につくレアル・マドリード【写真:Getty Images】

すでに104億円の売上高を記録 今後次第では倍以上の金額となる可能性も

 チェルシーのベルギー代表FWエデン・アザールやフランクフルトのセルビア代表FWルカ・ヨビッチなど、積極的な補強が目につくレアル・マドリードだが、一方で夏の移籍市場におけるクラブ史上最高額の売り上げ記録に近づいているようだ。スペイン紙「マルカ」が報じた。

 今夏の移籍市場ではレアルの積極的な活動が、連日報道されている。ジネディーヌ・ジダン監督の新たなプロジェクトの下、すでにアザールやヨビッチといったビッグネームを獲得。さらにはマンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバなど、中盤の核となる選手獲得を目指している。

 そんな大きな獲得の噂が目立つ一方で、資金作りのうえで欠かせない選手の放出も着実に進んでいる。先日にはユース出身のスペイン人MFマルコス・ジョレンテがアトレチコ・マドリードへの完全移籍が決まり、チェルシーに期限付き移籍していたクロアチア代表MFマテオ・コバチッチの放出も決定。彼らの売却によって8500万ユーロ(約104億円)を回収することになっており、これによって選手の売り上げにおいて記録的な数字をもたらす可能性が浮上している。

 現在放出が確定している選手は上記2人だが、今後フランス人DFテオ・エルナンデス(2000万ユーロ/約24億4000万円)、コロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(4000万ユーロ/約48億8000万円)、スペイン人FWラウール・デ・トマス(2000万ユーロ/約24億4000万円)の放出が見込まれており、これらと前述の8500万ユーロを合わせると総計1億6500万ユーロ(約201億3000万円)になる。また、コスタリカ代表GKケイラー・ナバスらもチームを離れる可能性が高く、それ以上の金額になる可能性も含まれている。

 昨年はポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)の放出が大きな割合を占めて1億3000万ユーロ(約158億9000万円)の売上を記録しているが、今夏の移籍市場ではその記録をはるかに超える売上高となる可能性が高い。果たして、レアルは今夏どれだけの“売り上げ”を残すことになるのだろうか。

>>【PR】「DAZN」で観られるコパ・アメリカ2019 試合日程はこちらから

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング