ブラジル代表のスコラーリ監督が報道陣と壮絶な舌戦を展開 「地獄に落ちろ」と罵倒

 指揮官はコロンビア戦前の公式記者会見で、信頼する一部の記者のみとコミュニケーションを取っている現状を指摘されると、憤怒のあまりにこう言い放った。

「何で誰彼かまわずに話さなければいけないのか。招待もされてない輩に……。もしかすると、私は君たちのことがそこまで好きではないのかもしれない。人間は嫉妬深くあってはならない。好きなものは好きだし、嫌いなものは嫌いだ。それが気に入らなければ、地獄に行け!」

 それはあまりにも悪辣な言葉だった。これまでメディアからはPK戦まで突入した決勝トーナメント初戦チリ戦での薄氷を踏むような勝利、そして、熱戦の中での選手の感極まる姿に関して批判を受けており、指揮官の怒りは大きかったようだ。

「我々は優勝カップに片手をかけているか? もちろんだ。7段にわたる階段の5段目まで来ている。サポーターはそれ以外に何も求めていない。我々が優勝したいと願い、いかに優勝するかを語ってもらいたがっている。それ以外にない」

 優勝請負人としてのプレッシャーは想像を絶するものであろう。今大会随一のカウンターの鋭さを誇るコロンビア相手に、指揮官自身が泰然自若とした構えでない現状はかなり気がかりだ。

【了】

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

 

※海外へサッカーを見に行こうと計画されている方にお知らせです。お得で安全な旅をサポートするサービスがあります。こちらをクリック!

※ワールドカップ期間中、記事内で扱うシーンの一部はFIFAワールドカップ公式動画配信サイト&アプリ『LEGENDS STADIUM』のマルチアングル動画、選手毎のスタッツデータで確認できます。
詳しくは、「LEGENDS STADIUM 2014 – FIFAワールドカップ公式動画」まで

トレンド

ランキング