「狂気の頑張り」 米代表GKの“ドタバタセーブ”にファン反響「アニメのような動き」

アトランタ・ユナイテッドのGKグザン【写真:Getty Images】
アトランタ・ユナイテッドのGKグザン【写真:Getty Images】

アトランタのアメリカ代表GKグザン、“お手玉”状態からなんとかゴールを守り切る

 MLS(メジャーリーグサッカー)では元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチや元イングランド代表FWウェイン・ルーニーなど、多くのスター選手がプレーしているなか、自国アメリカの代表選手たちも存在感を示してきた。かつてアストン・ビラなどで活躍したアトランタ・ユナイテッドのGKブラッド・グザンもその1人だが、今回はやや変わった形で注目を集めている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 グザンの所属するアトランタは現地時間29日、ホームでミネソタ・ユナイテッドと対戦。3-0の快勝を収め、グザンもGKとしてフル出場し、クリーンシートに多大な貢献を果たしている。

 試合はアトランタが前半23分に先制し、1点リードのまま推移。後半も1点差のシビアな展開となったなか、同30分にミネソタがビッグチャンスを迎える。ペナルティーエリア内でFWアンジェロ・ロドリゲスが左足のシュートを放ったものの、立ちはだかったのがグザンだ。至近距離から放たれたシュートにも鋭い反応を見せ、右足でブロックしてみせた。そしてこぼれたボールを再びシュートされるも、体で止める。さらに跳ね返りをヘディングで詰められそうになったが、三たびビッグセーブを見せてシュートに反応している。

 だが、ビッグセーブ3連発だけでは終わらなかった。弾いたボールが勢いを失わずにゴールラインを割りそうになったため、グザンは必死にボールを落ち着かせようとするものの、焦りからか完全に“お手玉”状態に。右手と左手で1回ずつボールを押し出し、ミネソタDFブレント・カルマンの目の前にこぼれそうになったところで、なんとか体ごと投げ出してキャッチに成功している。

 ビッグセーブからのドタバタ劇を、MLS公式サイトは「本日のセーブ:ブラッド・グザンがどういうわけかゴールを守り切る」と紹介しつつ、「わずか6ヤード(約5.5メートル)からのシュートを防ぎ切った」と賛辞を送っている。

 さらに米スポーツ専門局「ESPN」公式ツイッターは、「グザンが見せた狂気の頑張り」とコメントを添えて動画を投稿。返信欄には「彼はいつもアニメキャラのような動きをする」「プレミアリーグでは見たことない」「MLSのオリバー・カーン」などと反響が寄せられていた。

 ややバタバタした感はあったものの、どんな形であれゴールを守り切ったことに変わりはない。グザンのビッグセーブにより、アトランタは今季7勝目。イースタン・カンファレンス4位と上位をキープしている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  3. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  4. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  5. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  6. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  7. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  8. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  9. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  10. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛