「最も異常な45秒間」 危険タックル、主審エルボー、カード強奪…衝撃シーンに反響

主審の肘がFWマルティネスの顔面にヒット【写真:Getty Images】
主審の肘がFWマルティネスの顔面にヒット【写真:Getty Images】

アルゼンチン2部で生まれた異様な混沌に英紙注目 「スリリングなどんちゃん騒ぎ」

 主審によるゴールや選手との衝突などが発生して世間を騒がせるなか、新たな“事件”がアルゼンチン2部の昇格プレーオフで発生した。主審がイエローカードを提示したところ、勢い余って肘が選手の顔面を直撃。さらに選手がカードを奪おうとするなど、あまりにも混沌としたシーンが反響を集めている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 現地時間26日に行われたアルゼンチン2部の昇格プレーオフ準決勝第2戦で、クラブ・アルマグロはセントラル・コルドバをホームに迎えた。第1戦はホームのコルドバが2-1の勝利を収めており、互いに決勝への切符に向けてモチベーションが上がるなか、アクシデントはコルドバが1点を先制して迎えた前半29分に発生する。

 中盤での激しいボールの奪い合いが発生し、両チームともイエローカードが出てもおかしくないタックルが連続。しかし主審は倒れた選手たちにプレー続行を指示すると、さらにタックルの激しさはエスカレートし、アルマグロFWレオナルド・アコスタの危険な両足スライディングによって、ついにホイッスルが吹かれた。

 不満を示すアコスタに対して、主審は右手を鋭く突き上げてイエローカードを提示した。そして胸ポケットにカードを戻そうとしたところ、肘が抗議していたFWフアン・マヌエル・マルティネスの顔面にヒット。すると悶絶するチームメートのマルティネスを尻目に、アコスタは主審の胸ポケットからカードを強奪しようと画策し、あえなくレッドカードを提示されることになってしまった。

 これに激昂したアコスタは主審に詰め寄って突き飛ばし、チームメートに静止される事態に発展。史上稀に見る混沌とした場面が生み出された。この後、アルマグロは1点を返したものの、数的不利は如何ともし難く、終盤に突き放され1-2の敗戦。2戦合計4-2でコルドバが決勝に駒を進めている。

 レイトタックル連発、後方からの両足タックル、顔面エルボー、カード強奪、暴力行為など、あまりにも多くの問題が一気に発生した場面は注目を集め、英紙「ザ・サン」は「最も異常な45秒間を見よ」と見出しを打って紹介。「アルゼンチン2部でスリリングなどんちゃん騒ぎが展開された」と皮肉を込めて伝えている。

 シーズンの重要な局面でヒートアップするなか、残念な事件となってしまった。あまりにも危険な状態にあって、負傷者が出なかったことは不幸中の幸いと言えるだろう。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  3. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  4. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  5. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  6. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  7. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  8. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  9. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  10. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」