U-20日本代表のメキシコ撃破をFIFA称賛 「今大会初勝利」「突破の可能性を高めた」

U-20日本代表の今大会初勝利にFIFAも称賛している【写真:Getty Images】
U-20日本代表の今大会初勝利にFIFAも称賛している【写真:Getty Images】

初戦1-1ドローの日本がメキシコに3-0勝利、首位突破を懸けて次戦イタリア戦

 U-20日本代表は現地時間26日、ポーランドで行われているU-20ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2戦のメキシコ戦に臨み、FW宮代大聖(川崎フロンターレ)の2ゴールとFW田川亨介(FC東京)のゴールで3-0と快勝した。FIFA(国際サッカー連盟)は「サムライブルーが大会初勝利」「グループステージ突破の可能性を高めた」と称えている。

 試合は前半21分、MF藤本寛也(東京ヴェルディ)のパスから走り込んだ宮代が左足を振り抜き、シュートはゴール右隅に吸い込まれた。後半7分、右CKで藤本の左足キックから田川がヘディングで追加点を挙げると、同32分には田川のスルーパスから宮代がこの日2点目を決めて3-0と勝利した。

 初戦エクアドル戦で1-1と引き分けていた日本にとって貴重な1勝となったなか、FIFAは「日本がメキシコを3-0で下した。サムライブルー(日本代表の愛称)が大会初勝利を挙げた」と速報。また「素晴らしいチームの動き」と3点目を称賛し、メキシコ戦の勝利を受けて「グループリーグ突破の可能性が高まった」と伝えている。

 1勝1分の勝ち点4で2位の日本は、29日の第3戦で2連勝(勝ち点6)を飾った首位イタリア戦と対戦する。圧巻のパフォーマンスを披露した日本は、連勝で決勝トーナメント進出を決められるだろうか。

>>【PR】「DAZN」で観られるコパ・アメリカ2019 日本代表の試合日程はこちらから

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング