U-20日本代表のメキシコ撃破をFIFA称賛 「今大会初勝利」「突破の可能性を高めた」

U-20日本代表の今大会初勝利にFIFAも称賛している【写真:Getty Images】
U-20日本代表の今大会初勝利にFIFAも称賛している【写真:Getty Images】

初戦1-1ドローの日本がメキシコに3-0勝利、首位突破を懸けて次戦イタリア戦

 U-20日本代表は現地時間26日、ポーランドで行われているU-20ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2戦のメキシコ戦に臨み、FW宮代大聖(川崎フロンターレ)の2ゴールとFW田川亨介(FC東京)のゴールで3-0と快勝した。FIFA(国際サッカー連盟)は「サムライブルーが大会初勝利」「グループステージ突破の可能性を高めた」と称えている。

 試合は前半21分、MF藤本寛也(東京ヴェルディ)のパスから走り込んだ宮代が左足を振り抜き、シュートはゴール右隅に吸い込まれた。後半7分、右CKで藤本の左足キックから田川がヘディングで追加点を挙げると、同32分には田川のスルーパスから宮代がこの日2点目を決めて3-0と勝利した。

 初戦エクアドル戦で1-1と引き分けていた日本にとって貴重な1勝となったなか、FIFAは「日本がメキシコを3-0で下した。サムライブルー(日本代表の愛称)が大会初勝利を挙げた」と速報。また「素晴らしいチームの動き」と3点目を称賛し、メキシコ戦の勝利を受けて「グループリーグ突破の可能性が高まった」と伝えている。

 1勝1分の勝ち点4で2位の日本は、29日の第3戦で2連勝(勝ち点6)を飾った首位イタリア戦と対戦する。圧巻のパフォーマンスを披露した日本は、連勝で決勝トーナメント進出を決められるだろうか。

>>【PR】「DAZN」で観られるコパ・アメリカ2019 日本代表の試合日程はこちらから

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  3. 「なんて選手だ」 なでしこ長谷川唯“圧巻20mFK弾”に海外喝采、GK無力化のスーパーゴール「信じられない」

  4. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  5. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  6. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  7. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  8. 「三笘は何者?」 鮮烈デビュー戦、英代表DF翻弄の美技&切り返しに海外驚嘆「本当に衝撃的」

  9. 「オーバーオール可愛い」 鮫島彩、大自然で“農業女子”コーデに大変身「凄くお似合い」「素敵」

  10. 「即座にファンを席から立たせた」 衝撃デビューの三笘薫、地元メディアがチーム最高タイの高評価

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  6. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」