「悲惨な午後」 浦和監督、スタメン選びの“失敗”認める「十分回復できていると…」

サンフレッチェ広島に敗れ、リーグ戦4連敗となった浦和レッズ【写真:Getty Images】
サンフレッチェ広島に敗れ、リーグ戦4連敗となった浦和レッズ【写真:Getty Images】

オリヴェイラ監督、0-4完敗の広島戦後に悔恨 「消耗の度合いを評価しきれなかった」

 浦和レッズのオズワルド・オリヴェイラ監督は、26日にホームで行われたJ1リーグ第13節サンフレッチェ広島戦に0-4で大敗した後の記者会見で、「我々にとって、悲惨な午後」と完敗を認めた。そして「火曜日の試合の消耗の度合いを評価しきれなかった」と、メンバー選考の部分での失敗だったと語った。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 浦和は21日のナイトゲームでAFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ最終節、ホームの北京国安(中国)戦に臨み3-0と快勝した。両者が突破の可能性を残す直接対決だっただけに、かなり高いテンションで“決戦ムード”も色濃いゲームだった。そこでは、今季ベストとも言える内容で勝利を収めベスト16進出を果たしたが、同時にチーム内にすべてを出し尽くしたような達成感があったのも事実だった。

 北京国安戦から中4日で迎えた広島戦で、オリヴェイラ監督はスタメン10人が同じというメンバーを送り込んだ。残りの1人も、MF柏木陽介の負傷により前半13分からプレーしていたMF長澤和輝だっただけに、“全く同じメンバーで臨んだ”という表現も当てはまる顔ぶれと言えた。

 一方の広島は、22日にACLの敵地メルボルン・ビクトリー戦(3-1)に臨んだが、ベンチ入り4人と人数を絞ったうえに、浦和戦と連続スタメンだったのは2選手のみ。残りの9人はオーストラリア遠征を回避して調整し、この浦和戦に臨んだという点で大きな差があったのは事実だ。

 オリヴェイラ監督は「前の試合でかかった負荷、その影響が大きかったと思います。火曜日の試合の消耗の度合いを評価しきれなかったのかなと思っています。間の日数が4日間でしたので、選手たちが十分回復できているという見込みで、本日のメンバーを編成しました。しかし不運なことに、そうではなかったということがあったと思います。また、急激な気温の変化も、そこで悪影響を与えた可能性もあります」と、メンバー選考の部分についての質問を受けるまでもなく、自ら話している。

 現在のサッカー界では、様々な器具を使用しながら科学的に疲労の具合をチェックするのは一般的になっている。一方で、その達成感などに起因する精神的な疲労度を測るのは非常に難しい。そうした意味で、最終的なパフォーマンスに影響を及ぼした可能性は高いのだろう。

>>【PR】「DAZN」で観られるコパ・アメリカ2019 日本代表の試合日程はこちらから

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  3. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  4. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  5. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  6. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  7. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  8. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  9. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  10. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」